素直な気持ちで歌詞をつづる

ピアノシンガー 3年6組ソラユメさん

 市原市在住の末吉さんは3歳の娘の子育てに奮闘しながら、時間の合間を縫ってはピアノの練習に励んでいる。「本格的にピアノシンガーとして活動を始めたのは昨年の8月なので、まだまだ技術的な面では追いつかないところもあります」と話す末吉さんは、2月下旬に市原市のyouホールで開催された『生涯学習フェスティバル』に参加した。「活動は、『3年6組ソラユメ』という名前で行っています。3年前、職業訓練校に通っていてクラスが6組だったんです。ドラマでよく3年B組とかありますよね。それにならって3年6組。単純ですよね」と笑う末吉さんは、空と夢を足した『ソラユメ』というネーミングセンスに似合う朗らかさを持ち合わせている。

 4歳の時からピアノを習い始めたものの、小学校3年時に一度辞めてしまった。成人してから再び音楽に触れた時には、自然と作曲・作詞を行うようになっていた。「まだオリジナルソングは少なく、一曲が完成するまでに長いと1カ月かかることもあります。歌詞は自分の感じたことしか書けないと思うので、まずは周囲に聞いてもらうのですが、自分をさらけ出すようで恥ずかしいです」というが、『ありがとう 旅立ちの歌 市原・高校生バージョン』や『雪は溶けないで』など末吉さんの率直な気持ちが表現されているのは魅力だろう。数年前に友人のために作成した『ディア フレンド』は結婚式で披露し、自作のCDもプレゼントしてとても喜んでもらえたとか。作詞をする時は、「卒業がテーマなら、まずは関連する単語を書きだします。それらをパズルのように組み合わせていく」という。

 自身の性格を「のんびりしている」と語る末吉さんだが、なによりチャレンジ精神が旺盛だ。今回の『生涯学習フェスティバル』への応募だけでなく、以前にフラワーアレンジメントを学んでいた際には、近くの小料理屋へ足を運び、作品を飾ってほしいと頼んだこともある。「何かをすると自分を試してみたくなるんです。目標を持っていたいというか」と控えめに話すその背中を、娘のさらちゃんも確かに見つめていることだろう。

 今は2人で一緒に歌いながら練習することも多く、音楽に興味を持つ娘の姿も末吉さんのやる気に繋がっているとか。歌詞と同様、ふわりと優しい声音がピアノの音に乗って響く。「私の曲は初めて聞く人がほとんどなのできちんと意味が伝わるような歌詞と、曲も覚えやすいメロディにしています。今後は色んなイベントに参加する機会が持てたらと思います。そして、私の曲を親子で歌ってもらえるようなことがあったら嬉しいです」と意気込みを見せた。

問合せ 末吉さん
0306sorayume@gmail.com

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る