皆さんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか?陽気もすっかり暖かくなり、庭の野菜やハーブ達も初夏の光を浴びて、元気にすくすくと育ってきました。
今月はハーブの中でも最も代表的な物の一つ、セージについてお話しますね。ソーセージ作りには欠かすことの出来ないハーブで、ソーセージの語源はこのセージに由来すると言われ、ヨーロッパでは万能の薬草として優れた抗菌性、抗酸化作用を持ち合わせています。また豚などの肉料理の臭み消しとしてもよく使われています。今回のレシピはセージハンバーグステーキ。とっても簡単に作れるので、皆さん是非チャレンジしてみてください。
・材料(2人分)
牛豚の合い挽き肉250g、塩・黒コショウ各小さじ1/2ずつ、セージ(ドライ粉末)小さじ1、トマト(スライス)2枚、スライスチーズ1枚
・作り方
①ボウルの中に合い挽き肉、塩、黒コショウ、セージを入れよく練る。
②肉を2等分して楕円形に形を整え、フライパンに油(出来ればオリーブオイル)を敷いてハンバーグステーキの要領で焼く。
③トマトを薄くスライスする。
④焼きあがったハンバーグの上に、半分に切ったスライスチーズ、スライスしたトマトの順に乗せ、その上からパン粉、セージをトッピングする。
⑤④を200℃に熱したオーブンに入れ10分ほど焼く。
⑥付け合わせのサラダと一緒にお皿に盛って完成。
*フレッシュハーブを使う場合は、ドライセージの約3倍の量を使用してください。
ドライセージはスーパーなどのお店のスパイスコーナーに陳列されています。

長谷川良二。市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る