ハーブ王子のしあわせ健康レシピ

皆さんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか?陽気もすっかり暖かくなり、庭の野菜やハーブ達も初夏の光を浴びて、元気にすくすくと育ってきました。
今月はハーブの中でも最も代表的な物の一つ、セージについてお話しますね。ソーセージ作りには欠かすことの出来ないハーブで、ソーセージの語源はこのセージに由来すると言われ、ヨーロッパでは万能の薬草として優れた抗菌性、抗酸化作用を持ち合わせています。また豚などの肉料理の臭み消しとしてもよく使われています。今回のレシピはセージハンバーグステーキ。とっても簡単に作れるので、皆さん是非チャレンジしてみてください。
・材料(2人分)
牛豚の合い挽き肉250g、塩・黒コショウ各小さじ1/2ずつ、セージ(ドライ粉末)小さじ1、トマト(スライス)2枚、スライスチーズ1枚
・作り方
①ボウルの中に合い挽き肉、塩、黒コショウ、セージを入れよく練る。
②肉を2等分して楕円形に形を整え、フライパンに油(出来ればオリーブオイル)を敷いてハンバーグステーキの要領で焼く。
③トマトを薄くスライスする。
④焼きあがったハンバーグの上に、半分に切ったスライスチーズ、スライスしたトマトの順に乗せ、その上からパン粉、セージをトッピングする。
⑤④を200℃に熱したオーブンに入れ10分ほど焼く。
⑥付け合わせのサラダと一緒にお皿に盛って完成。
*フレッシュハーブを使う場合は、ドライセージの約3倍の量を使用してください。
ドライセージはスーパーなどのお店のスパイスコーナーに陳列されています。

長谷川良二。市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る