書道で自分磨き

 多趣味な人である。一週間の予定は、はつらつ筋トレ体操、編み物、着付け、家庭菜園、ケーキ作りで埋まる。かつては登山、ソフトバレー、水泳も楽しんだ。「はじめたら10年は続けます。10年習わなければ少したしなんだとは言えませんから」とほほえむのは書道家の雅号花熊麗萠こと花熊市子さん(68)。
 徳島市出身。書道は小学校3年生から習い始めた。「ビュービューと冷たい風が吹く道を30分かけて歩き、週3回通いました。書き初めの時期になると練習を終えて自宅に着くと夜中近くでした」。中学、高校では書道部の部長。就職後、22歳で結婚し、山口県周南市へ。3人の子どもを育てるのに忙しく書道は中断した。
 市原市へ転入したのは38歳。基本を大切に美しい字、使える字を教えるという日本書学館の端正な文字に魅せられ40歳で入会。10年で教授の資格を取った。毎年、同団体の開く全国書道展に挑戦し、昨年、約1万人以上いる会員の中から、全国2位にあたる準大会賞を受賞した。作品は「条幅で中国の詩人張継の詩を書きました」と嬉しそうに見せる。
 第1・2・3金曜日、13時から大人対象にアネッサで、17時30分から子ども対象に泉台コミュニティホールで書道教室を開き、今も生徒を募集する傍ら、自分の練習に週の半分を費やす。今は定年退職した夫が家事を受け持つ。書道は「自分磨き。書いていると無心になれます」と一つの道を歩みつつ、趣味も同時進行。「好きなことだけやってきました。楽しいことばかり」と生き生きとした毎日を送る。生徒募集中。

問合せ 花熊さん
TEL 090・7803・8941

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『市原にハワイの風を』をキャッチフレーズに活動する市原ハワイアンフラ協会は、フラダンスを通して市民との交流と市原市の活性化を図ることを目的…
  2.  小湊鐵道上総久保駅には、訪れた人を魅了する見事な大銀杏が聳え立っています(銀杏の木って市原市の木に指定されているんですよ)。  のどかな…
  3.  皆さんはラクロス(Lacross)というスポーツをご存じですか? カナダの国技と言われ、クロスと呼ばれる先に網の付いたスティックを用いてゴ…
  4. 【写真】アデレードのローズ トライアル ガーデンにて  今秋、オーストラリアで開催された世界バラ会連合の『第19回世界大会…
  5. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…
  6.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  7.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  8.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る