季節のスケッチ

俳画と文 松下佳紀

春も末になると、鋤き返された田に水が張られ、風景は一変する。それまで褐色だった大地が水鏡により輝き出すからだ。水鏡は空を映し雲を映す。風のゆらめきや太陽の光彩を捉える▼まだ早苗の植えられていない広々とした田んぼを眺めながら私は思う。水の惑星といわれる地球は、この水田を含めてのことなのだと。水色のビー玉のような地球▼そんな私をじっと見つめているものがある。ちっぽけな私を哀れむかのように。はるか天空の昼の月だ。が、それは私の錯覚、月が私などに関心を持つはずがない。彼は宇宙に浮かぶ一天体にすぎないのだ。私は白面の月を仰ぎながら、無常とか、永遠とか、物の哀れなどという言葉を胸の中でしばらく反芻していた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  2.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  3.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  4.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  5.  内房線の八幡宿駅西口から歩いて10分程にある飯香岡八幡宮は、白鳳3年(675)天武天皇の勅命により八幡宮として創建されたといわれています。…
  6.  長南町の野見金山に、全長1.4㎞のトレッキングロード『のみがね峻道』が完成した。地元有志が結成した『のみがね会』が、約4年の歳月をかけ整備…
  7.  秋の深まる足音が日々ゆっくりと近づいてきています。朝早くに犬と散歩するようになってからは、何か危険な物は落ちていないか、注意しながら足元に…
  8.  今年で11年目となるマザー牧場(富津市)のイルミネーション『光の花園』が11/3から始まった。標高300mの『山の上エリア』で、約60万球…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る