夏の恐怖体験 博物館編

 妖怪をテーマにした、2年前の袖ケ浦市郷土博物館企画展関連イベントで大人気だった肝試しが復活。8月8日『そではく もののけリターンズ』が開催され、20組計66名の親子が参加した。集合場所はネアンデルタール人の頭骸骨や古代の死者のための石枕のある薄暗い特別展示室。日没後、集まった参加者はまず受付担当者の扮装にビックリ。出発前からソワソワドキドキしていた。
 ミッションはお札を探して納め、歴史から蘇ったもののけを再び封印すること。グループごとに出発し、恐る恐る暗がりを進んでいくと、子どもたちは幽霊に悲鳴をあげたり、銅鐸の音に震え上がったり。浴衣姿の女性が人間なのか不気味な生霊なのか確かめるすべもない。先頭を譲り合いつつ歩く怯える目には展示品も化け物に映る。動く生首に驚きながらも、ようやくお札のある場所に辿り着くと、そこには得体の知れない死体が。心細さに手を強く握りあってお札を手に入れたものの、先発組の叫び声で恐怖は最高潮。博物館最恐のもののけたちが襲い掛かるなか、勇気を出してお札を納めた。
 無事、特別展示室に生還すると「死ぬかと思った」、「ここまで本格的だと思わなかった」と6年生の女の子は涙目。「ぐったり」と床に倒れ込む男の子もいる。「妖怪は好きだけどお化けは怖い」と2年生の男の子は予想以上の怖さに慄く。参加した母親の一人も「昼間の博物館と全く違って見えた」と話すほど大人も身震いするほどの仕掛け。太古からの遺物が眠る博物館ならでは体験となった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る