祝!創立5周年 合気道蒼龍が魅せる

 9月10日(日)、市原市ゼットエ―武道場で開催された『第5回市原市合気道演武大会』。主催の養神館合気道蒼龍代表である三橋亮さんは、「創立5周年を記念して、演武大会を開催できることを嬉しく思います。会員数も今では150名以上となり、順調に成長しております。暑い中、頑張った稽古の成果を存分に発揮しましょう」と冒頭に挨拶をした。
 そして、三橋さんによる指導師範演武が行われると、会場の集中力が一気に高まっていく。『基本動作連続』や『受身演武』など演目が進んでいく中、会場には技の紹介アナウンスが流れる。「受身は、怪我をしない身体をつくり、素早い動きができるようになるための練習です」という声に併せ、子ども達が小さな身体を道場で懸命に動かす。今では市原市のみならず、袖ケ浦市、千葉市など幅広い地域で合気道を広めている三橋さん。
 「暑い、暑い」と口々に漏らしながらも、どこか満足そうに演武を続ける生徒たち。「ちょっと緊張したけれど、失敗しないでできたのでよかったです」と話す女児の笑顔は印象的だった。年間の様々なイベントを通して絆を深め、10周年を迎える頃にはどれほどの生徒が演武大会に参加するのだろうかと今から楽しみだ。

問合せ 三橋さん
TEL 0436・22・0131

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る