ガイドを目指す町歩きの達人

 国分寺僧寺、尼寺ほか貴重な遺跡を抱える地域にある国分寺公民館の主催講座『町歩きの達人』(全10回)がスタートした。同館近くの史跡やお勧めスポットなど案内するガイド養成講座は今年で3年目となる。講師は郷土史家、昨年の受講者を中心に結成されたサークル『天平の甍』のメンバーなど。授業は座学のほか史跡も歩き、実際に募った参加者をガイドする時間もある。
 初回6月は会議室での講義。講師は現役新聞記者で児童文学者でもある『まぼろしの上総国府を探して』(くもん出版)の著者たからしげるさん(64)。「国府って何」という疑問から児童書出版の元になった新聞記事を書いたのは平成8年。記者の調査手法で謎に迫り上総国府の推定地が4つあると知った。
 万葉歌の残る阿須波神社や更級日記作者ゆかり地と考えられている光善寺薬師堂のある市原、甲(国府)のつく地名が多く、古甲遺跡のある郡本、府中(国府所在地)に開いたと記録の残る釈蔵院のある能満、養老川近くの村上など。それぞれの仮説について楽しく解説し、「謎は今も解けていないが、最近出土した市原地区の瓦が鍵」との最新情報も語った。
 地方勤務時代の記者体験を交えたユーモアたっぷりの話に好奇心を刺激された20名の受講者。自己紹介の時間に「市原の歴史を知りたい」、「孫や親せきを案内してみたい」など今後の抱負を話した。職員の堀部さんは「史跡の場所を尋ねる来館者が多い。ぜひ案内役として活躍してほしい」とガイドデビューに期待する。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る