ナミハンミョウ 里山の宝石が飛び交う

 川のせせらぎを聞きながら里山の道を歩いていると、宝石のように色鮮やかに輝くハンミョウが、突然、フワッと目の前から飛び立ちました。少し歩き近づくと、また、飛び立ち、先へと飛んでいきます。まるで人を先導しているようであることから、「道教え」「道しるべ」と言われています。
 ハンミョウは日本に20種類以上いると言われ、その代表がナミハンミョウ。ハンミョウ科の甲虫で体長約2㎝。体色は、群青、青緑、朱の帯に白紋などが入り交じり、金属光沢を帯びています。タマムシと並んで日本に生息する華麗な甲虫であると思いますが、それとは裏腹に肉食で獰猛です。
 ハンミョウは、和名で「斑猫」と書きます。獲物に襲い掛かり鋭い大アゴでくわえる姿が、まるで猫のように見えることに由来しており、英語名では「タイガービートル」と呼ばれています。その名のとおり、俊敏な動きで地面を走り回り、大きく鋭いあごで、アリなどの小さな昆虫を仕留めます。幼虫も肉食で、平地の固い地面などに垂直に小さな穴を掘ってその中に住んでいます。獲物を捕らえるのは、成虫のように走り回らず、待ち伏せの一手です。12個もある目で獲物を見逃さず、瞬時に穴から出て獲物を捕らえます。
 子供の頃、畑の中にある平らで固い地面に空いている小さな穴に、ニラの葉などを差し込み、「ニラムシ釣り」をして、遊んだことがありましたが、その虫がハンミョウの一種である「ニワハンミョウ」の幼虫と知ったのは、つい最近でした。その畑で、巣を探しましたが、残念ながら見つけることはできませんでした。
 近年、ハンミョウが巣穴を作る畦道などの里山の道は、アスファルト舗装化などによりなくなっているため、個体数の減少とともに生息域が狭くなっているとのことです。ハンミョウが無数に飛び交う里山の環境を地域の財産として、次世代に引き継いで行きたいですね。
(ナチュラリストネット/時田良洋)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…
  2. ◇新型コロナで不審な電話が増加中!  県内の個人宅では、「コロナのことで調べている」という不審な電話が確認されています。市役所職員を…
  3.  2020年は「更級日記」作者・菅原孝標娘(すがわらのたかすえのむすめ)の帰京から1000年。作者は父の上総介(かずさのすけ)任務に伴い、上…
  4.  市原市内の古道に道標を作成・設置し、椎津城跡の整備に協力するなど、文化遺産啓発活動や地域行事に協力を続けている姉崎高校の生徒らが、この…
  5.  サッカー場施設の「市原スポレクパーク」は、子どもから大人までサッカー愛好家が集まる市民・県民のための施設です。広大なピッチはナイター設備を…
  6.  分蜂の季節。ニホン蜜蜂を飼っている者にとっては待ち遠しい、期待に胸膨らむ季節です。桜の花が咲いた2週間後くらいが目安で、偵察蜂が新しい棲み…
  7. 「ダメダメッ、沼の主がいるよ。行っちゃだめー」と、子どもたちが人形に向かって必死に叫ぶ。人形劇『やまなしもぎ』の一場面でのことだ。上演…
  8. ◇多発する車上荒らし、部品盗難に注意!  市原警察署管内では最近、車上ねらいやナンバープレートを狙った部品ねらいの盗難が多発していま…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…

ピックアップ記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る