ナミハンミョウ 里山の宝石が飛び交う

 川のせせらぎを聞きながら里山の道を歩いていると、宝石のように色鮮やかに輝くハンミョウが、突然、フワッと目の前から飛び立ちました。少し歩き近づくと、また、飛び立ち、先へと飛んでいきます。まるで人を先導しているようであることから、「道教え」「道しるべ」と言われています。
 ハンミョウは日本に20種類以上いると言われ、その代表がナミハンミョウ。ハンミョウ科の甲虫で体長約2㎝。体色は、群青、青緑、朱の帯に白紋などが入り交じり、金属光沢を帯びています。タマムシと並んで日本に生息する華麗な甲虫であると思いますが、それとは裏腹に肉食で獰猛です。
 ハンミョウは、和名で「斑猫」と書きます。獲物に襲い掛かり鋭い大アゴでくわえる姿が、まるで猫のように見えることに由来しており、英語名では「タイガービートル」と呼ばれています。その名のとおり、俊敏な動きで地面を走り回り、大きく鋭いあごで、アリなどの小さな昆虫を仕留めます。幼虫も肉食で、平地の固い地面などに垂直に小さな穴を掘ってその中に住んでいます。獲物を捕らえるのは、成虫のように走り回らず、待ち伏せの一手です。12個もある目で獲物を見逃さず、瞬時に穴から出て獲物を捕らえます。
 子供の頃、畑の中にある平らで固い地面に空いている小さな穴に、ニラの葉などを差し込み、「ニラムシ釣り」をして、遊んだことがありましたが、その虫がハンミョウの一種である「ニワハンミョウ」の幼虫と知ったのは、つい最近でした。その畑で、巣を探しましたが、残念ながら見つけることはできませんでした。
 近年、ハンミョウが巣穴を作る畦道などの里山の道は、アスファルト舗装化などによりなくなっているため、個体数の減少とともに生息域が狭くなっているとのことです。ハンミョウが無数に飛び交う里山の環境を地域の財産として、次世代に引き継いで行きたいですね。
(ナチュラリストネット/時田良洋)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 山武市松尾町在住の並木由美子さん(41)は米農家で、ジュニアフードセラピストとしても活躍している。料理教室では小麦粉の代わりに、生の米を用い…
  2. 江戸絵画の名作を題材とした、新作16点も  既成のイメージへ、新たな視点を提示する現代美術家・福田美蘭。新人洋画家の登竜門・安井賞を最年少…
  3.  茂原市東部台文化会館で活動している、エアロビクス&ヒップホップダンスサークルPSP。代表の鈴木洋美さんは約20年前からエアロビのインストラ…
  4.  モミジの紅葉が関東で一番遅いといわれる房総でも、早くから紅葉する樹々がある。里山の散策路にみられるニシキギ(錦木)もその一つ。ニシキギ科ニ…
  5. 以前、英国の知人に、日本には豊富な食材が揃っていて羨ましいと言われた事があります。英国では数十年前まで、カボチャやトウモロコシ、スイカ、サツ…
  6.  鹿児島県出身。58歳。大学進学のため上京し卒業後、東京学芸大学付属養護学校(現・特別支援学校)にて教職に就く。同校小学部での3年間の勤務を…
  7.  私は事業をやっていますが、未だにうまくいかないことが多いです。子育てもうまくいかないことが多く、悩んだ時期もありました。しかし、今考えると…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 山武市松尾町在住の並木由美子さん(41)は米農家で、ジュニアフードセラピストとしても活躍している。料理教室では小麦粉の代わりに、生の米を用い…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る