成田山公園紅葉まつり開催 11月9日(土)~24日(日)

 成田山公園で毎年行われる秋のイベント、紅葉まつり。会場は大本堂の奥にある16万5000平方メートルもの広大な公園です。四季折々の表情を楽しむことができ、多くの成田山参詣者や市民から親しまれている憩いの場。この成田山公園の趣ある紅葉を楽しんでもらいたいと、2000年より始められ、今年で20回目となります。
 モミジ、クヌギ、ナラ、イチョウといった約250本の樹木の葉は、例年11月半ばから12月上旬に赤や黄色に色づき、池の水面に映し出された様子は雅やか。勾配ある散策路では、足を進めると次々に変化していく風景が楽しめます。期間中の土・日・祝日には様々な催しが開催され、駅から歩いていけるという立地の良さも人気のひとつです。


第20回成田山公園紅葉(もみじ)まつり
11月9日(土)~24日(日) 成田山公園 左記イベントは(土)(日)㈷開催
・お茶会:10~15時、定員に達し次第、受付終了 
茶室赤松庵(成田山書道美術館隣) 参加無料
・演奏会 箏・尺八、二胡など 11時~、13時半~(1日2回) 
成田山公園竜智の池・浮御堂 雨天時は成田山書道美術館内問成田市観光協会
TEL.0476・22・2102

クラフト展・手仕事いろいろ&世界と日本の大昆虫展
11月16日(土)・17日(日)
9~16時 成田山書道美術館 2日間に限り入館無料
※クラフト展はアクセサリー、シュガークラフト、染織や工芸品など、個人やグループのクラフトクリエーター達のオリジナル作品を展示及び販売 問成田山書道美術館
TEL.0476・24・0774
※昆虫展は昆虫標本やヘラクレスオオカブトなどの生きた昆虫の展示や昆虫クイズなど 
問千葉県立農業大学校・清水
TEL.080・5388・0293

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  プラスチックのゴミ問題が深刻になって来ています。生産が簡単、ある程度の耐久性がある事などから、年間約800万トンも生産され、どこを見ても使…
  2.  春はサクラ、夏は水あそび、秋は紅葉と草花、冬はウメや野鳥観察。起伏に富んだ約53ヘクタールの広い青葉の森公園は、四季折々、様々な木々と花が…
  3.  毎月第1土曜日、茂原市中央公民館にて男性だけの料理教室『ダンディークッキング』が開かれている。1990年に開催された茂原市主催のシルバー料…
  4.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。45年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  5.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  6. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  7.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  8.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  春はサクラ、夏は水あそび、秋は紅葉と草花、冬はウメや野鳥観察。起伏に富んだ約53ヘクタールの広い青葉の森公園は、四季折々、様々な木々と花が…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る