コロニヘイブと言う言葉をご存知でしょうか?デンマーク語で集落や集合体を表すコロニーと、庭を表すヘイブからなる造語です。おおよそ200年程の歴史あるコミュニティで、都市部や街などに住む庭を持てない人々が、田舎に泊まれる程の小さな小屋を建て、週末に家族や友人等との時間を楽しみながら、菜園を作ったり植物を植えたりして自然の中での生活を満喫しています。その多くは公営で、僅かな料金を払って誰でも借りることが出来るようです。
 今、私達の生活は大きな転換期を迎えている様な気がします。未知のウィルスが猛威を振るい、さまざまなな制約の下で生活せざるをえない状況が続いています。いずれは収束に向かうでしょうが、このまま温暖化が進めば更に新たなウィルスが脅威となり得る事も予測されています。空き地が在れば過剰ともいえる新たな商業、娯楽施設を作るのではなく、デンマークのように自然を保護し、敬い、未来を背負う子供達が自然の生態系に身近で触れ、人間もその中の一部であると思えるような環境を築くことこそ、必要なのではないでしょうか?
 現在、農業の世代交代が進まずに放棄された農地が急激に増えています。若い世代が農業に関心を持ち、都市部や町に住んでいたとしても週末には田舎に出かけ、野菜や果樹を植えながら自然を満喫する事は十分可能です。子供達に生命のサイクルを教えなければなりません。私達の生活は数十年前のバブル時代の名残から未だに抜け切れていない様な気がします。結果、自然を破壊し新しい建物を次から次へと建設するサイクルになってしまうのでしょう。今、里山再生に取り組んだり、放置された農地を開墾していこうという団体や、個人の方々が活動していらっしゃいます。農業に関心を持ちながらも自信がないという方、ぜひインターネットで調べてください。きっと自分に合ったものが見つかると思います。

 

長谷川良二。長柄町在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。市原を中心に公民館でのハーブの指導などをしながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る