コロニヘイブと言う言葉をご存知でしょうか?デンマーク語で集落や集合体を表すコロニーと、庭を表すヘイブからなる造語です。おおよそ200年程の歴史あるコミュニティで、都市部や街などに住む庭を持てない人々が、田舎に泊まれる程の小さな小屋を建て、週末に家族や友人等との時間を楽しみながら、菜園を作ったり植物を植えたりして自然の中での生活を満喫しています。その多くは公営で、僅かな料金を払って誰でも借りることが出来るようです。
 今、私達の生活は大きな転換期を迎えている様な気がします。未知のウィルスが猛威を振るい、さまざまなな制約の下で生活せざるをえない状況が続いています。いずれは収束に向かうでしょうが、このまま温暖化が進めば更に新たなウィルスが脅威となり得る事も予測されています。空き地が在れば過剰ともいえる新たな商業、娯楽施設を作るのではなく、デンマークのように自然を保護し、敬い、未来を背負う子供達が自然の生態系に身近で触れ、人間もその中の一部であると思えるような環境を築くことこそ、必要なのではないでしょうか?
 現在、農業の世代交代が進まずに放棄された農地が急激に増えています。若い世代が農業に関心を持ち、都市部や町に住んでいたとしても週末には田舎に出かけ、野菜や果樹を植えながら自然を満喫する事は十分可能です。子供達に生命のサイクルを教えなければなりません。私達の生活は数十年前のバブル時代の名残から未だに抜け切れていない様な気がします。結果、自然を破壊し新しい建物を次から次へと建設するサイクルになってしまうのでしょう。今、里山再生に取り組んだり、放置された農地を開墾していこうという団体や、個人の方々が活動していらっしゃいます。農業に関心を持ちながらも自信がないという方、ぜひインターネットで調べてください。きっと自分に合ったものが見つかると思います。

 

長谷川良二。長柄町在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。市原を中心に公民館でのハーブの指導などをしながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る