ハーブ王子のしあわせ健康レシピ

 最近、長い間の夢だった森の中へと引越しました。朝は鳥たちの囀りと共に目を覚まし、夜は虫達の奏でる声と共に眠りにつきます。木はそれぞれが表情を持ち、風で触れ合う葉の音が身も心も癒してくれます。森という小さな自然の中でさえ、様々な多様性がある事に改めて驚かされます。 さあ、これから念願の庭造り。2度の台風で周りの木の幹や枝がだいぶ折れてしまい、おまけに蜜蜂の巣箱達も倒され、全滅してしまいました。しかし、これも自然の力と受け止めて行くしかありません。ただ、明らかなのは人間が作り出した温暖化の現象が、人類だけではなく地球上の動植物、全生命体に脅威を与えている事でしょう。 今回のレシピではローズマリーを使って牛肉と今が旬のキノコのラグー(イタリア語で煮込みを意味)を作ってみました。シンプルな味付けで簡単に作れるので是非チャレンジしてみて下さい。
●材料(4人分)
ローズマリー(みじん切り4枝、飾り用4枝)、牛のモモ肉(3〜4㎝の角切り)800g、ぶなしめじなどのキノコ類200g、玉ねぎ(みじん切り)2個、ニンニク(みじん切り)2片、バター20g、赤ワイン約250㏄、薄力粉と塩胡椒・適量、オリーブオイル大さじ4
●作り方
①牛肉に塩胡椒、みじん切りしたローズマリーの葉を振り、ワインに浸して30分程置く。
②熱した深めのフライパン(中華鍋でも可)にオリーブオイルを引き、刻んだニンニク、玉ねぎを入れキツネ色になるまで弱火で炒める。
③牛肉をワインから取り出して薄力粉をまぶし、②に加えて更に炒める。
④キノコと①で使ったワインを加え、弱火でアクを取りながら、とろみが出るまで煮込む。
⑤火を止め塩胡椒で味を整え皿に盛り付け、飾り用のローズマリーの枝を添えて出来上がり。ワンプレートでペンネやマッシュドポテト、トーストしたパンと一緒に頂くと味が更に引き立ちます。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…
  2. 長生郡長柄町で『いぬねこの森』を運営している今成貞江さん。平成元年に東京から長柄町に移住し、あまりに多くの犬や猫が捨てられているのを見過ごす…
  3. カーネギーおじさんに教わる(1) こども『人を動かす』友だちの作り方  この11月に創元社より刊行された話題の新刊「カーネギーおじさんに教わ…
  4. 11月3日、主選者に千葉日報俳壇選者・千葉県現代俳句協会副幹事長の清水伶さんをお迎えし、サンプラザ市原において文化祭俳句大会が開催されました…
  5. 今年ももう残りわずか。新しい年号が5月から始まり、梅雨の長雨や今まで経験した事の無いような台風被害によって、きっと忘れられない年になるのでは…
  6. 子どもというのは、親の言う通りにはしませんが、親のする通りにするものですね。また違う言い方をすれば、『親の思い通りにはならない。親の心通りに…
  7. カゴタケ  今回は面白い形のキノコをご紹介します。英語でもバードケージ・ファンガイ(鳥かご茸)と呼ばれているスッポンタケ科のキノコです。 初…
  8.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…
  9. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  10.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…

ピックアップ記事

  1. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…

イベント情報まとめ

  1. ●乗馬クラブ クレイン千葉富津 先着2組4名様をご招待! 男女・年代問わず、体に負担なく始められる乗馬。ストレス解消に、健康のために、新鮮…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る