ふるさとビジター館 いちはら自然探訪 ~ヤマガラ~

この時期、野山や街中の公園の木々から、「ニーニーニー」と鳴く野鳥に出会うことがある。ヤマガラの地鳴きだ。全長14センチ、胸から腹がオレンジ色。顔は、頭部と喉部の黒以外は白に近い薄い褐色。黒いつぶらな瞳と合わせ、ユーモラスな顔つきがなんとも言えない可愛らしさだ。
ヤマガラは、冬場の食料確保のため、木の実や種子を木の根元に埋める貯食行動をとる。その特性を利用したのがヤマガラの芸「おみくじ引き」で、昭和時代に良く縁日の屋台で見られた。鳥獣保護法の整備等により、令和の今ではその姿は見られないが、身近な野鳥として昔から親しまれている。
我が家では、冬季に庭のエサ台にヒマワリの種を置くが、シジュウカラに混じりヤマガラもやってくる。種をくちばしで取り、近くの木の枝でバランスをとりながら、両足で挟みついばむ姿は可愛らしい。貯食行動なのか数回に1回は種を持って行ってはすぐにエサ台に戻る。そのため、一つ一つしっかり食するシジュウカラに比べ、エサ台に来る頻度が高い。
早春になると鼻にかかったような「ツンピー、ツンピー」とゆっくりしたテンポでさえずる。そのさえずりや「ニーニーニー」の声を聴いたら探してみよう。容易に、オレンジ色の可愛らしい姿を見つけられるでしょう。
(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

ナチュラリストネット/自然を愛する仲間の集まりです。豊かな自然環境をいつまでも永く残したいと活動しています。 Tel.080・5183・9684(野坂)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  2.  毎週水曜の11~13時、市原緑地運動公園内の臨海第2庭球場で練習を行うソフトテニス『サラシナクラブ』。今年スタートと新しく、現在会員募集中…
  3. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…
  4. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  5.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  6.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  7.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  8.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る