ふるさとビジター館 いちはら自然探訪 ~ヤマガラ~

この時期、野山や街中の公園の木々から、「ニーニーニー」と鳴く野鳥に出会うことがある。ヤマガラの地鳴きだ。全長14センチ、胸から腹がオレンジ色。顔は、頭部と喉部の黒以外は白に近い薄い褐色。黒いつぶらな瞳と合わせ、ユーモラスな顔つきがなんとも言えない可愛らしさだ。
ヤマガラは、冬場の食料確保のため、木の実や種子を木の根元に埋める貯食行動をとる。その特性を利用したのがヤマガラの芸「おみくじ引き」で、昭和時代に良く縁日の屋台で見られた。鳥獣保護法の整備等により、令和の今ではその姿は見られないが、身近な野鳥として昔から親しまれている。
我が家では、冬季に庭のエサ台にヒマワリの種を置くが、シジュウカラに混じりヤマガラもやってくる。種をくちばしで取り、近くの木の枝でバランスをとりながら、両足で挟みついばむ姿は可愛らしい。貯食行動なのか数回に1回は種を持って行ってはすぐにエサ台に戻る。そのため、一つ一つしっかり食するシジュウカラに比べ、エサ台に来る頻度が高い。
早春になると鼻にかかったような「ツンピー、ツンピー」とゆっくりしたテンポでさえずる。そのさえずりや「ニーニーニー」の声を聴いたら探してみよう。容易に、オレンジ色の可愛らしい姿を見つけられるでしょう。
(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

ナチュラリストネット/自然を愛する仲間の集まりです。豊かな自然環境をいつまでも永く残したいと活動しています。 Tel.080・5183・9684(野坂)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る