大多喜町のヒーローになる~3人制プロバスケットボールチーム ESDGZ OTAKI.EXE(エスディージーズ オオタキエグゼ)~【大多喜町】

 大多喜町に拠点を置く3人制プロバスケットボールチーム『ESDGZ OTAKI.EXE』(久場善博オーナー)。今年、プロリーグ『3×3.EXE PREMIER』(スリーエックススリー エグゼ プレミア)に参入し、KANTOカンファレンス6チーム中5位の成績で1年目のシーズンを終えた。2021年11月のチーム結成後、6選手が大多喜町へ移住。バスケットボールと農業という『デュアルキャリア』をテーマとして、地域密着型チームを目指し活動している。

 

試合での川村選手

 3×3とは、2007年に国際バスケットボール連盟(FIBA)が世界統一ルールを制定した3人制バスケットボール。東京五輪2020の正式種目としても注目を浴びた。5人制と比べ攻守の切り替えが早く、ファウルがとられにくいので、プレーはスピーディーで白熱する。今シーズンのリーグ戦『3×3.EXE PREMIER』には、日本、タイ、ニュージーランド、台湾の約100チームが参戦。日本男子は42チームが7つのカンファレンスに分かれ戦った。試合はショッピングモールやイベント会場で行われ、音楽やDJで盛り上げられる。大多喜からもたくさんのサポーターが応援に駆け付けた。チーム事務局長の近藤真弘さんは、「KANTOカンファレンスは日本代表落合知也選手を擁するALPHAS.EXE(アルファ―ズエグゼ)などの強豪ぞろいでタフな試合が続きましたが、シーズン後半はチームもかなり力をつけ、来シーズンに向け大きな期待が持てる結果となりました」と振り返る。

子どもたちとのイベント

 チームの拠点は、旧総元小学校を活用し事業を展開する『SDGs大多喜学園』。選手は園内の体育館とジムでのトレーニングと、農業や学園事業の仕事の双方に励んでいる。町と連携した山林の不法投棄物回収など、ボランティアも欠かさない。小中学生を対象としたバスケットボールスクールも開講している。三上羅央(らお)選手はチームについて、「若く勢いのあるチームで、農作業などで共にいる時間が多いことも強み」と話し、「自然豊かな大多喜に魅力を感じています。今後さらに地域に根付いていきたい」と続ける。キャプテンの川村陵選手は柏市出身。「バスケと農業を両立できる環境に感謝しています。普段からお世話になっている町に積極的に貢献したい。11月の日本選手権では、千葉県大会で優勝し本戦出場を目指します」と意気込みを語る。『大多喜町のヒーローになる』との言葉のもと、チームは日々前進して行く。

 

問合せ:SDGs大多喜学園
Tel.0470・64・4961

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る