人や自然とふれあう楽しみに気づく場所 ~集い広場へいさん『里山市』~【市原市】

 市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウンド、周辺の川など、多くの人が利用できるよう『集い広場へいさん』実行委員会が鳥海哲男会長のもと、維持管理・環境整備を行い、今も綺麗な状態を保っている。また様々な店舗が出店する里山市や各種イベントも定期的に開催。毎回大勢の参加者で賑わう。人や自然とふれあえる機会に魅せられたリピーターも多い。そんな里山市の魅力、集い広場へいさんが地区活性化を目指す姿を取材した。

旧平三小学校で第1土曜日のお楽しみ

抽選会で豪華賞品をゲット!バッタも捕まえて大喜び!

 毎月第1土曜日にグラウンドで開催される里山市には、飲食物、野菜、陶器、本、ハンドメイド作品、アクセサリーなど毎回様々な店舗が出店する。2020年にスタートし、回を重ねるごとに店舗数も増え、現在約20店舗前後が参加。市を主催するのは『おにぎり工房 かっつぁん』(いすみ市)の坂本さん。いすみ米にこだわったおにぎりは具の種類が豊富で、「この具は辛いけど大丈夫?」「辛口好きなので頑張る(笑)」などと買い物客とのやりとりを楽しんでいる。ローストビーフが美味しいと評判の『フェリシア』は、いちはらチャーハンも出品。会場には飲食スペースが用意されているので昼食に味わうこともできる。普段は古民家で『星空の小さな図書館』を運営している古本店では、趣味にピッタリの掘り出し物を見つけた男性客が店主と古本談義。敷地内の陶芸釜で作られた食器や花器などがズラリ並ぶブースも壮観。個性的なデザインの品の観賞を楽しむ人も。新鮮な野菜をお手頃価格で販売しているのは地元の方たち。食材を求める人たちで賑わい、塩分を使っていないらっきょう酢や梅干しも関心を集めていた。

『おにぎり工房 かっつぁん』(いすみ市)の坂本さん(左)と鳥海会長

 それぞれのテント内で楽しげな買い物が行われている中、恒例の抽選会が始まった。お菓子が入った袋を購入し、その袋に書かれた数字が呼ばれた順に当選。好きな賞品を選んで行く形式でハズレ無し。賞品は季節の果物、暮しに役立つ日用品、ポロシャツなど月替わりで用意されている。鳥海さんは「我々は営利目的で活動していないので、皆さんに楽しんでもらいたい一心で毎回賞品を用意しています」と話す。今回の目玉賞品の扇風機を手に入れたのは小学3年生のたつしさん。「当たるかもって思っていたら本当に当たったからビックリした。自分の扇風機にします!」と喜んだ。くじの数に余裕があったので弟のだいとさん(年長)も参加でき、つかまえたバッタも賞品も大事にしていた。兄弟は両親と一緒に東京から3度目の訪問。両親は「魚がいる川で水遊びや川釣りを楽しめたり、スタッフの方が一緒に虫を追いかけてくれたり、親子で自然や人と触れあえるところがいいですね」と里山市の魅力を語った。

閉校後の母校を人の楽しみの場に

新鮮野菜が袋にタップリ入って100円~

 集い広場へいさん実行委員会のメンバーは36名。全員が旧平三小学校の卒業生だ。会長の鳥海さんは「7年前、この小学校が閉校になりました。その2年ほど前、閉校が決定した時から「この大きな建物を、ただ朽ちらせるのはもったいない。私たちに使わせてほしい」と、市と交渉を始め、思いが届きました。ロゴマークは平三小学校の校章です。我々にとっては宝物です」と、小学生時代を振り返るかのようにしみじみ話す。

「満たされている人には何でもないことが、満たされていない人にはとても楽しいことだったりします。たとえば川で遊ぶことは、私には日常でしたから特別なことではありませんが、そんな機会の無い人は、すごく喜んでくれるんです。また、普段は子どもがいない寂しさを意識しないんだけど、実際ここで子どもとふれあうと、ああ、こんな楽しみもあったんだなと気がつく人もいます。私は、日頃、人と関わる機会の少ない人たちや地域のお年寄りが、『あんた元気だったかい?』って語り合える場所、人が人とふれあえる場所を作っていきたいんです」と語り、「どんなに楽しいことでも必ず飽きてくるから、常に新しい事を考えよう。奇抜な事ではなく、地域の人たちが、こんなことをやってほしいというものを、これからどんどん企画していこうと、実行委員会の皆で常に話しています」と意欲的に言葉を続けた。

校舎横の平蔵釜で作られた器の数々が見事

 有言実行の活動実績がある。夏にはキャンプや、施設の下を流れる川で川釣り・川遊びを、秋には陶芸体験、お芋掘りなども行ってきた。いちはらアート×ミックス2020+が開催された折には会場となり、延べ5500人が訪れた。今後、ドローン見学会、ミニ門松づくり、キムチ作り、シイタケ原木作りなど様々な体験イベントが予定されている(里山市と同時開催のイベント他、別日開催のイベントもあり)里山市への出店は県外からも可能。HPから問い合わせを。

 

問合せ:集い広場へいさんHP

https://tudoi-heisan.com/

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る