裂織工房『猫の夢』で甦る布小物

裂織工房『猫の夢』で甦る布小物

 不要になった着物や布などを細かく裂いてテープ状にしたものを横糸にして折り込んだ裂織。日本では江戸時代から行われ、海外でも同様の織りがあり、万国共通の庶民の知恵から生まれたといわれている。服や小物は買うのが当たり前となった現在、資源の再利用、エコロジーな織物と静かなブームとなっている。古布の柔らかな風合いも魅力だという。
 そんな裂き織りに魅了され自宅に工房を設け、機織り機に向かう日々を送っている秋保光子さん(65)。東京出身で結婚後、埼玉県で暮らし仕事を続けていたが、ご主人の退職を機に6年前、夷隅郡御宿町に移住してきた。3人の子どもは独立し、今は釣り好きのご主人と愛猫2匹との生活。ご主人が埼玉の専門店から取り寄せる焙煎豆で淹れるコーヒーに、地元の美味しいと有名な菓子店のケーキを勧めながら語る秋保さん。
「10年以上前に青森県に旅行で出かけた時に出会った津軽の裂き織り(伝統工芸『津軽裂織』)。おばあさんがボロ布を裂いて機織り機で織っているのを見て以来やってみたいと思いました。不要になった着物を再生したいという気持ちがありました。母が沢山の着物を持っていたこともあってボロボロになったものをリメイクしたいと考えたのです。思い入れのある着物や昔の風呂敷などが織物になって甦るのに惹かれたし、どう仕上げたら、その布の魅力を一番引き出せるかを考え、それが素敵に甦った時はすごく嬉しい。そして、糸からでなく布から作ることにも魅力を感じます」
 秋保さんが織るものは、コースターや携帯ケース、財布、ランチョンマット、テーブルセンターなどの小物雑貨やバッグなど。ひとつのバッグを制作するには1カ月以上かかる。 「以前から自分の定年後のライフワークにしたいと思っていた裂織。作っても作っても作りたいものがいっぱいある。作る意欲も作りたいものも私の中で尽きることはありません」。デッキから海を望めるログハウスに越してきた当初は愛猫は4匹だった。夫婦共に猫好き。機織り機の傍らで眠る猫を見て、工房名を『猫の夢』とした。
 一つひとつ心を込めて織る布小物。展示会は昨年県内外で何回か開催したが、今後の予定は未定。口コミでの注文制作が多い。現時点では大原町の手作り作家の店『外房長屋』で展示販売中。
 秋保さんは「私のバッグは布をたくさん使っているにもかかわらず織ってあるので軽くて丈夫。ある程度の年齢になると皮のバッグは重く感じる。だから軽いバッグは喜ばれています。また、実用的であることと、布に他の素材を組み合わせたものも作ります。バッグの四隅がすり切れたら全部ほどいて洗い、裏は作り直し底は詰めるなどアフターフォローも。裂織は高価だというイメージがあり、いいと思っても買えないと聞き、私は使っていただくことで裂織の良さを多くの方に知ってほしいから、主婦が買いやすい値段で提供しています」と話す。
 地元の人たちとの交流が楽しい、魚や野菜に四季を感じる、そんな御宿での暮らしを満喫している秋保さんだった。

問合せ 外房長屋
TEL 0470・63・2200

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  2. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  3.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  4.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  5.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  6.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  7.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  8. 【写真】千葉県調理師体会・第32回料理コンクール「千葉県栄養士会長賞」受賞作  料理教室『ヘルシークッキング』を平成15年…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る