身体に安全で音楽が楽しめるカフェ

身体に安全で音楽が楽しめるカフェ 『求名駅』前にオープン

 JR東金線『求名駅』前に広がる住宅街。その中に淡いピンクの外壁のかわいらしい家が建つ。看板には『City Lights Cafe(シティライツカフェ)』とある。そうここはコーヒーや紅茶を提供するカフェなのだ。
 2010年6月にオープンしたこのカフェを運営・管理するのは近くにある城西国際大学。「身体に安全で健康な店をコンセプトに、プラス音楽やトークが楽しめる店としてオープンしました」と話すのは、同大学メディア学部の研究員、三好隆文さんだ。三好さんが大学院生のときにオープンし、そのときからずっと運営に携わってきた。営業時間は大学が運営ということで、午前11時から夕方6時まで。定休日は日曜、祝日。
 三好さんが話すコンセプトどおり、このカフェで提供するコーヒーは有機栽培の豆にこだわり、ハーブティーは大学の薬草園で収穫したハーブを使用している。食器も有害物質を一切使わない高純度天然石を釉薬とした陶器を使用と「身体に安全」を徹底している。授業が終わった後や、電車待ちの学生に好評だという。
 また「音楽やトークが楽しめる店」として、隔週の金曜日に行っている『City Lights Cafe ライブ』の出演者の交渉も三好さんの仕事だ。出演アーティストは同大学の音楽サークルから、全国で『ホスピタルライブ』を展開するシンガーソングライターの松尾貴臣さん、谷川賢作さん率いる現代詩をうたうバンドなど多岐にわたる。
 三好さん自身も年代に的を絞った昭和歌謡祭や季節ソングの弾き語りなどを行っている。ライブのスタートが夕方5時15分からと、一般のライブより早いのもこのカフェならでは。この時間からなら、地域の方々でも夕飯の前にちょっと羽を伸ばすことができそう。
「まだまだ利用しているのは学生が主なので、ご来店いただいた地域の方々と学生の交流の場、または憩いの場として、City Lights Cafeを是非ご利用して頂きたいです。ツイッターやフェイスブック、ライブの生中継などの情報発信も、もっとしていきたいと思っています」と三好さん。地元民の来店、ライブ出演の売り込み大歓迎とのこと。

問合せ 城西国際大学
TEL 0475・55・8847

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る