「認知症の不安があるなら、切り絵で自己防衛を」

「認知症の不安があるなら、切り絵で自己防衛を」

 山武郡九十九里町在住の井上常雄さん(71)は、10年ほど切り絵を楽しんで制作している。定年後も62歳まで働き、茂原市にある千葉県生涯大学校へ、毎週1日2年間通った。そこで、切り絵サークルの作品を見て、やってみたいと考えた。もともと細かい作業は好きで、40代からはプラモデル作りに夢中になり、1千点のパーツを組み合わせ、ハーレー(バイク)を作ったことも。
 ただ、絵を描いた経験はなかった。でも、切り絵サークルの人たちが切り絵作家の作品を利用しているのを知り、それなら自分でもできると思った。「もう、このトシになって絵の勉強から始めるのでは大変だけど、販売するのでなく趣味で制作する分には、プロの作品を使わせていただいてもいいのなと」、井上さんは話す。
 そして、自己流で制作を始めた。まずは作品の原画探し。「切り絵の本は、あまり出回っていないので、神田の古本屋を回って買い求める」。切り絵作家の美術館にも足を運んだ。そして、6年前に初の個展を開催。翌年も開催した。「作って満足するのでなく、人に見てもらい評価してもらうと、やり甲斐がある」という。
 昨年、心臓弁膜症になり人工弁をつけた。無事、退院後、2度の個展を開いたアートサロン茶房けい(一宮町)のオーナーから個展開催を勧められ、今春、個展を。50点展示。大勢の来場者があり、中には過去2回の個展も来てくれた人たちもいた。
 井上さんは「3、4年前までは半日かかりっきりで制作しても平気だったが、最近は2時間ぐらいで疲れてしまう。でも、毎日何かしら切っている。細かいものを切るから集中力を要する。常に色々と頭に入れて考えて完成させるので脳が活性化される。認知症の不安があるなら、切り絵で自己防衛をと、お勧めしたい。来年も個展を開きたい」と笑顔で語る。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る