こでまりの夢

こでまりの夢
~子供といっしょに、伸び伸び遊ぼう~
中嶋 悦子

 私は子どもの頃、自然に恵まれた九州の田舎で育ちました。春には、田んぼ一面に蓮華の花が咲き、花摘みをして遊びました。夏には太平洋の海で泳ぎ、秋にはどんぐり拾い、冬でも温暖な気候だったので、外遊びを思いっきり楽しみました。四十年も前のことですが、毎日、日が暮れるまで遊んだことを昨日のことのように思い出します。
 先日、子どもの頃に泥んこになったことがない、木登りをしたことがないという親御さんのお話をお聞きしました。やったことのないことは、子どもに教えられませんので、そのお子さんも泥んこや木登りをやったことがないようでした。
 私は、「せっかく自然豊かな千葉県で子育てをしているのにもったいないな」と思いました。自然の中で伸び伸びと遊べるのは、子どもが小さいうちしかありません。大きくなってから、親と一緒に遊ぶということはなくなっていきますからね。子育て中なら、自分が体験しなかったことをもう一度、子どもといっしょに体験し直すことができます。どろんこや木登りだけでなく、子どもの頃にやりたかったスポーツや遊びも、子どもといっしょなら楽しめますね。あるパパさんは、サーフィンをやるのが夢でした。父親になった今、息子といっしょに海に出て楽しんでいるそうです。
 自分も子どもに返っていっしょに楽しめることを見つけると、子育てはとても楽しいものになります。親子で伸び伸びと、いい時間を過ごしてくださいね。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る