着物姿でお茶を一服

『ひな祭り女子茶会』開催

 今年も大盛況に終わった勝浦の『かつうらビッグひな祭り』(2月21日~3月3日開催)。遠見岬神社の石段に飾られる1200体のひな人形は、それはそれは見事。同時にそのひな人形や、市内各所に飾られる人形を着物姿でめぐり、遠見岬神社の吉方のお水取りの水を使い茶室『嶺水庵』でのお茶会が楽しめる『きもので楽しむひな祭り女子茶会』(KAPPYビジターセンター主催)も5日間開催された。
 3月2日(日)。残念ながら天気は雨。石段にひな人形が飾られることはなかったが、前日からキャンピングカーでひな祭り見学に訪れた神奈川からの3組のご夫婦が『女子茶会』を体験。まずは神職から神社やひな祭りの説明を聞き、神妙な面持ちでいざお茶を一服。男性陣には茶室の敷居は高かったようだが、「よい経験ができました」と。着物姿の女性陣は、「雨が降ってしまって残念でしたけれど、これから少し歩いて回ってみます」と会場へ姿を消した。
 次に茶室に着物姿で現れたのは、大原に住む祖母と、その祖母の誘いで東京から訪れた家族。児童館で茶道は経験済みという小学校5年生のお孫さんは、「自分で(お茶を)たててみたい」とチャレンジ。「美味しかったです。着物は七五三以来だと思います。歩くのが難しかったけれど思ったより温かくて、1年に1回ぐらいはいいかなって思いました。茶室も良い感じですね」と気に入った様子。
 1年に1度の女の子のお祭り。何気なく過ごしてしまうけれど、着物でお祝いも風情があってよいもの。来年はみなさんもいかが。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る