先月、ヴィーガン(完全菜食主義者)の話をしましたが、ここでは少し歯科医師らしい話をしてみたいと思います。数百万年前に人類の先祖が出てきて以来、我々の身体は様々な生活環境に適応し進化を遂げて来ました。何一つ無駄で意味の無いものはありません。
 口の部分も同様で、柔らかい加工された食品を好む様になった人間の顎は次第に小さくなっています。第3大臼歯の行き場がなくなってしまい、現在28本が正常な成人の歯の本数です。その中で肉を切り裂くのに使う犬歯の数は上下左右に各1本ずつ、合計4本存在しています。他の24本は切歯、臼歯と呼ばれており、これらは植物繊維や穀物を切り裂いたりすり潰すのに役立ちます。
 この犬歯:切歯と臼歯の割合の4:24、 約分すると1:6が古来から人間が進化して来た中で、最もバランスのとれた肉類と植物類の摂取の仕方ではないかと言う考え方があります。日数で計算すると、週の1日は肉類を食べる日、残りの6日は菜食を中心とした食事をする事になります。私達日本人の食生活もこの数十年でだいぶ変わり、肉類を中心とした食生活へと移行して来ました。消化器系の病気が増えていることも食生活の変化と関係がないとは言えないかも知れません。
 今月はいつもと趣向を変え、ハーブバスを紹介しましょう。ハーブはレモンと同じシトラール成分を含むレモンバームを使ってみました。沈静、鎮痛効果があり、不眠症にも効果があると言われています。入浴剤として使えば肌を滑らかにする効果もあります。作り方は簡単、不織布や木綿、レース等の袋を準備し、好きなハーブを入れて口をしっかり縛るだけ。そのまま湯船に浮かばせます。ハーブによって香りや効能が様々なので、その日の気分によって使い分ける事が出来ます。
 ハーブの色が浴槽についてしまう場合があるのでお掃除は念入りにした方がいいかも知れません。

長谷川良二
市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る