偉大なる音楽の力、お年寄りに笑顔を

サウンドゴールド

 東金市内の介護施設を慰問し、演奏活動を行っているグループがある。市内在住60歳以上のメンバーで構成されているシニアアンサンブル『サウンドゴールド』だ。衣装は白いシャツにゴールドのネクタイ。曲目はお年寄りが聞いて懐かしいと感じる『月の沙漠』、『瀬戸の花嫁』などの童謡や歌謡曲が中心。歌詞カードを配ってみんなで合唱したり、紐を使ったストレッチをしたり施設利用者参加型のプログラムを取り入れている。     
 結成してわずか1年だが、忘れられないエピソードがある。筋肉が固まる病気を患っている元教師の女性がいた。車椅子で生活し、動くことはもちろん話すこともできない状態の彼女が演奏終了後、音楽に心を動かされたのか大きな叫び声を上げたのだ。また別の施設では、演奏が始まる前はずっと眠っていた90歳すぎの車椅子の男性。介助なしではトイレに行くこともできなかったのだが、音楽が聞こえるとパッと目を開け、終わったあと1人で立ってさっさとトイレに向かったという。「もう、周りがとてもびっくりしていました」活動の中核となっている錦織(にしごり)博さん(74)と謙子(やすこ)さん(76))夫婦は振り返る。
「涙を流しながら聞く方、手を叩いて喜んで下さる方は多いです。ちょっと冗談を言うと笑いも起きる。皆さんの表情が明るくなるのがわかります。口も滑らかになるしね。それを見るとこちらも嬉しくて生き甲斐を感じる。お互いに元気になるんです」8年前に東京から娘と孫のいる東金市に移り住んだ。謙子さんは小学6年生から大人になるまでピアノを習い続け、就いた職はカワイ音楽教室での子ども向けのピアノ講師。習っていた当時は家にピアノがあるわけではなく、授業が始まる前の早朝に学校のピアノを借りて練習に励んだという。
 そんな謙子さんには20年ほど前からビジョンがあった。音楽でお年寄りの心を癒す慰問活動がしたい。「夢が叶いました」と嬉しそうに話す。一方、前西福俵区長の博さんのピアノ経験は小学校の頃に習った3年間だけだというから驚きだ。共に地域に愛着が生まれ、謙子さんは『西福俵讃歌』の作曲を手がけ、博さんは『NPO法人エリア99』が地域の情報を編集している冊子『燦夢(さんむ)の詩(うた)』の制作にも携わっている。
 メインのピアノを謙子さんが担当し、博さんと柴田千恵さん(68)がキーボードで助奏(オブリガード)する。それにベースギターの新田博さん(73)が加わる4人が固定のメンバー。柴田さんもピアノ経験は小学生の頃。「音楽の先生から放課後に習っていました。錦織さんから声をかけてもらった時は楽譜を読むのがやっとでしたが、一生懸命練習し、今はとても楽しんで活動しています」と微笑んだ。新田さんは大学時代からハワイアンを得意とするギタリスト。曲目によっては、元小学校の音楽教師で教育現場での音楽活動に情熱を注ぎ続けた成東市在住、高橋武雄さん(83)のアコーディオンと、入れ替わりのボーカルが入ることもある。
 昨年1月の東金市チャリティー演芸会での出演を皮切りに活動をスタートさせた。以後、市のボランティアに登録し介護施設を訪問するように。依頼に応えての出演は1年間で約40件ほど。市のイベントや幼稚園などで演奏することもある。5月24日には成東文化会館のぎくプラザのホールで行われる『歌と演奏ふれあい祭』でステージに立つことが決まっている。
 錦織さんご夫婦は『サウンドゴールド』以外にもいくつかのアンサンブルに所属し、リーダー的役割を担っている。その理由は「『サウンドゴールド』を母体として地域へ貢献できる音楽活動団体を広げ、若い世代の後継者を育てていきたい」から。これからの高齢化社会、音楽は大きな支えとなることだろう。

問合せ 錦織さん 
TEL 080・3096・6775

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  御宿町・日墨友好文化大使のヴァイオリニスト・黒沼ユリ子さん(81歳・御宿町在住)が、小学校時の図工の恩師であるイラストレーター・大西三朗さ…
  2. いつものにぎやかな音楽が聴こえると、それは移動販売車ピース号が来た合図。食品や日用品などを乗せて、週に1度、決まった場所へ決まった時間にやっ…
  3.  1945年8月15日の終戦の日、連合国軍機と交戦し墜落したとみられる零戦の機銃が、今年1月、大多喜町で発見された。遺族の依頼を受けた有志の…
  4.  日本の伝統文化として海外でも興味関心の高い折り紙。必ず一度は折ったことがあるだろう。一年の延期を経て今夏開催された東京オリンピックで、来日…
  5. メヒコの衝撃─メキシコ体験は日本の根底を揺さぶる 9月26日(日)まで 市原湖畔美術館  メキシコのスペインによる征服から500年、独立…
  6.  世の中、理不尽なことがたくさん起こりますが、それをどう捉えるかで人生の行く道が変わることがあります。目の前で起こっている理不尽なことは、今…
  7.  ボランティア団体『桜さんさん会』は今年4月23日、東京の憲政記念会館で開催された『第15回みどりの式典』で緑化推進運動功労者内閣総理大臣表…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  御宿町・日墨友好文化大使のヴァイオリニスト・黒沼ユリ子さん(81歳・御宿町在住)が、小学校時の図工の恩師であるイラストレーター・大西三朗さ…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る