身に着けてくれる人のためにオンリーワンのアクセサリーを作る

 天然石にアーティステックワイヤーという細く柔らかい針金を巻き付けペンダントヘッドなどを作るワイヤーアクセサリー。渦巻きなど何通りもある巻き方で、天然石が様々な表情を魅せる。そんなセンスが光るワイヤーアクセサリーを楽しみ、イベントなどに出店しているのが茂原市在住の関和子さん(45)だ。
 関さんがワイヤーアクセサリーと出合ったのは数年前。だがその時は、「体験教室だったのですが、渡されたワイヤーがものすごく硬くて、私には無理って少し距離を置いてしまったんです」。しかし、結婚を機に長野から茂原へ移り住み、知り合いもいない、時間もたっぷりある中、もう一度ワイヤーアクセサリーに挑戦してみた。「そのときアーティステックワイヤーに初めて触れて、何これ、柔らかいって。それに先生がとても良い方で、惜しみなく技術を教えてくれて」一気にハマったという。
 基本の巻き方、石の止め方はあるものの、それをどう組み合わせるかで様々なデザインが楽しめる。関さんも、天然石を前に、「この石には何色のワイヤーが合うか、どんな巻き方にしようか考えるのが楽しい」という。そして、「1本のワイヤーが私の手の中でいろんなデザインになっていく。頭の中にあるものが形になったときの喜びがうれしくて、早く仕上げたいと思うんですよ」
 関さんはワイヤーだけで指輪も作る。あるイベントに出店したとき、シルバーの指輪が欲しいという若い女の子がいた。あいにくシルバーは品切れだったため、その場で作ることに。「色の白い女の子で、その子にはピンクゴールドが似合うと思ったんです。で、シルバーとピンクゴールドのワイヤーで指輪を作ったら、ものすごく喜んでくれて」とほほ笑む。関さんのセンスが光った瞬間だ。
 今、和のテイストのものを作りたいと、帯留めに挑戦している。けっこう欲しいという方がいるそうだ。ただ、瞬間瞬間のひらめきで作るため、同じものは作れない。「それで悩んだこともあるんですけど、ハンドメイドの物を求めているお客様って、同じものがない。それを求めているって人にいわれて、そうかオンリーワンでいいんだって思えるようになりました」。シンデレラのガラスの靴のように、関さんが作り出すアクセサリーと出会う人のために、これからもワイヤーアクセサリーに向き合っていくという

問合せ 関和子さん
メール Kazujun03120124@gmail.com
HP http://ameblo.jp/kako0312/

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る