「幼子から高齢者、障がい者、誰もがアートでコミュニケーション」

 7月1日(火)まで睦沢町のギャラリー801で、長生郡一宮町在住の美術家、こまちだたまおさんの個展『小さな絵の本 あーと と 人と 1 あーとしよう』が開催されている。絵本を介して、こまちだたまおさんが主宰する『たまあーと創作工房』の美術を通じての『共育活動』を伝える、小さな絵の本が今回作成されたのを記念して催された。同工房では、1歳から小中高生対象の様々な『こども教室』や中学生から200歳までの初心者から熟練者までの『美術教室』を運営している。
 会場に展示された絵本の原画。水彩色鉛筆を使った優しい心和むタッチの絵と、こまちださんのアートに込める思いが凝縮された言葉で構成されている。1点ずつ、じっくり作品と向き合ってほしい。絵と言葉に励まされ、きっと「アートしてみようかな」、「アートさせてあげたい」という気持ちになるのでは。小規模事業所補助金によって作られた限定部数の絵本なため販売はできないが、『たまあーと創作工房』の教室に関わる人や講座受講者、ワークショップ参加者に無料配布している。
 更に、ワークショップ会場にもなった奥の小部屋には、こまちださんのデッサンや抽象作品も多数展示されている。会場に入ると、「物語のつづき」とあり、「この部屋には物語の続きを感じて頂けるような作品を展示してみました。どんな続きを想像して頂けるのでしょうか」と記されている。水彩色鉛筆で描かれた作品『貝』に、「貝を描くのはライフワークでもある。 貝の質感、色はどんな作品を描いても私の感覚の源になっていると思う。異国の貝 こんなにとげとげしている 荒い海、敵の多いところで育ったのかなと想像する だから柔らかく包んであげるような絵にしたかった」と文章が。ここでも、こまちだワールドと触れ合える。
 気軽に自分も、または子どもに、家族にアートをと思われたら、是非、『たまあーと創作工房』へ問い合わせを。年齢問わず参加できる1日だけの『夏の特別教室』に参加してみるのもいい。尚、『小さな絵の本』シリーズ2は今秋完成予定。ちなみに、同ギャラリーでは常設展示もたくさんあり各地の作家たちの逸品が並んでいる。

問合せ ギャラリー801(長生郡睦沢町川島80-1)
TEL 0475・40・3035
問合せ たまあーと創作工房
TEL 0475・42・6138

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る