「幼子から高齢者、障がい者、誰もがアートでコミュニケーション」

 7月1日(火)まで睦沢町のギャラリー801で、長生郡一宮町在住の美術家、こまちだたまおさんの個展『小さな絵の本 あーと と 人と 1 あーとしよう』が開催されている。絵本を介して、こまちだたまおさんが主宰する『たまあーと創作工房』の美術を通じての『共育活動』を伝える、小さな絵の本が今回作成されたのを記念して催された。同工房では、1歳から小中高生対象の様々な『こども教室』や中学生から200歳までの初心者から熟練者までの『美術教室』を運営している。
 会場に展示された絵本の原画。水彩色鉛筆を使った優しい心和むタッチの絵と、こまちださんのアートに込める思いが凝縮された言葉で構成されている。1点ずつ、じっくり作品と向き合ってほしい。絵と言葉に励まされ、きっと「アートしてみようかな」、「アートさせてあげたい」という気持ちになるのでは。小規模事業所補助金によって作られた限定部数の絵本なため販売はできないが、『たまあーと創作工房』の教室に関わる人や講座受講者、ワークショップ参加者に無料配布している。
 更に、ワークショップ会場にもなった奥の小部屋には、こまちださんのデッサンや抽象作品も多数展示されている。会場に入ると、「物語のつづき」とあり、「この部屋には物語の続きを感じて頂けるような作品を展示してみました。どんな続きを想像して頂けるのでしょうか」と記されている。水彩色鉛筆で描かれた作品『貝』に、「貝を描くのはライフワークでもある。 貝の質感、色はどんな作品を描いても私の感覚の源になっていると思う。異国の貝 こんなにとげとげしている 荒い海、敵の多いところで育ったのかなと想像する だから柔らかく包んであげるような絵にしたかった」と文章が。ここでも、こまちだワールドと触れ合える。
 気軽に自分も、または子どもに、家族にアートをと思われたら、是非、『たまあーと創作工房』へ問い合わせを。年齢問わず参加できる1日だけの『夏の特別教室』に参加してみるのもいい。尚、『小さな絵の本』シリーズ2は今秋完成予定。ちなみに、同ギャラリーでは常設展示もたくさんあり各地の作家たちの逸品が並んでいる。

問合せ ギャラリー801(長生郡睦沢町川島80-1)
TEL 0475・40・3035
問合せ たまあーと創作工房
TEL 0475・42・6138

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る