城下町・大多喜を着物で歩こう!二八市と同時開催

 毎年11月23日、大多喜町で開催される『城下町を着物で歩こう!』。江戸時代の名残を留める風情ある大多喜町で、秋の風物詩として大好評のイベントです。特に着物を着てみたいけど着る機会がない、ひとりで着られない、という方にぜひ参加して欲しい企画です。
 当日の着物は無料で貸し出し、着付けも無料でしてくれます。着物を持ち込むのも、もちろん自分で着ての参加も大歓迎! その後、観光案内ボランティアにより、「寺町通りコース」「城下町通りコース」「城・城下一周コース」などを案内、秋のそぞろ歩きを楽しみます。
 着物の貸し出し・着付けを希望される方は、当日10時に、いすみ鉄道大多喜駅前、観光本陣に集合。準備のため、必ず11月20日迄にご予約ください(先着25名で〆切り)。ボランティアで着付けの手伝いをしてくださる方も大募集中!
 街中では、女将さんの会主催『二八市』も開催され、イベントも多数用意されています。リメイクやパッチワークに最適な羽織・古布等の販売もあり。あなたも、普段と違った自分で一日を過ごしてみては。

予約・問合せは野口染工場まで。
TEL 0470・83・0136

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る