今の課題がきっと未来の誰かを救う

  4月26日(日)、市原市市民活動センターでは市原市男女共同参画社会を進める市民の会主催で、大網白里市で不動産総合管理会社を経営する野老真理子さん(56)を講師に講演が開かれた。「女手ひとつで育ててくれた母が興した会社を、顧客数500人から6500人にまで増やしました。決して右肩上がりばかりではないけれど、人も地域も幸せにすることをモットーに入社33年が経とうとしています」と話す野老さんは、女性や障がい者、外国人などマイノリティな人々が組織や社会の中でどう確立していけばよいかを、なにより考えている。
 1日1時間の清掃をすることで社外に渡っても環境整備を行い地域に貢献してきた。そして貢献活動にとどまらず社員からあがった案を取り入れて始まった地域活動はすでに280にも及ぶ。1人1人をしっかりと見つめて何が得意なのかを考えてみる。地域の主婦が交代で料理の腕をふるっている『ワンデイ・レストラン』は、8年が経過した。独立して店を構えた主婦は3組。子連れ出勤が可能な同企業。社内に保育園が併設されて預けるわけではない。机の上や足の下に赤ん坊がいる中、みんなで仕事をするのだ。「労働の本質は喜びだと思う」と笑う野老さんに、訪れた約45名の聴講者からは「色々な企画を思いつくきっかけを教えてください!」など真剣な質問が飛んでいた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る