今の課題がきっと未来の誰かを救う

  4月26日(日)、市原市市民活動センターでは市原市男女共同参画社会を進める市民の会主催で、大網白里市で不動産総合管理会社を経営する野老真理子さん(56)を講師に講演が開かれた。「女手ひとつで育ててくれた母が興した会社を、顧客数500人から6500人にまで増やしました。決して右肩上がりばかりではないけれど、人も地域も幸せにすることをモットーに入社33年が経とうとしています」と話す野老さんは、女性や障がい者、外国人などマイノリティな人々が組織や社会の中でどう確立していけばよいかを、なにより考えている。
 1日1時間の清掃をすることで社外に渡っても環境整備を行い地域に貢献してきた。そして貢献活動にとどまらず社員からあがった案を取り入れて始まった地域活動はすでに280にも及ぶ。1人1人をしっかりと見つめて何が得意なのかを考えてみる。地域の主婦が交代で料理の腕をふるっている『ワンデイ・レストラン』は、8年が経過した。独立して店を構えた主婦は3組。子連れ出勤が可能な同企業。社内に保育園が併設されて預けるわけではない。机の上や足の下に赤ん坊がいる中、みんなで仕事をするのだ。「労働の本質は喜びだと思う」と笑う野老さんに、訪れた約45名の聴講者からは「色々な企画を思いつくきっかけを教えてください!」など真剣な質問が飛んでいた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る