やっぱりお餅は、つきたてが一番!

 2月20日、市原市海保にある、みかん農園『房総十字園』で『田舎で餅づくり体験』が行われ家族連れなど26名が参加した。主催は(一社)市原市観光協会。本来は薪を使って火をおこし、市原産のもち米を炊くところから始める予定だったのだが悪天候のため杵と臼で餅をつくところからスタートした。
 同園の苅米幸男さんが餅を丸め、「ヨイショー、ヨイショー」という掛け声に合わせ順番に杵で餅をついていく。親子一緒に杵を振り上げる人もいれば、「おも~い」と言いながら小さな体で頑張る幼児も。何度もつくうちに餅は滑らか、ツヤツヤに。そして蒸したて、つきたての餅を食べる大きさに丸めていく。「びよーんと伸ばさずに卵くらいの大きさにちぎる。そしてザラザラしたところを裏側にグルグルと巻き込んで」苅米さんが作り方を説明するも、子どもたちも一緒に好き好きに丸めたものだから大きさは大小バラバラ、でこぼこしたイビツな形。しかし遊び心いっぱいの餅が木箱に並んだ。味付けは、きな粉、あんこ、大根おろし醤油をお好みでかけて食べる。地のりを盛った味噌汁も振る舞われ、「お餅、とっても柔らかい!」、「ほっぺたが落ちるほど美味しい」と参加者。
「ガスや電気がなくても、石でかまどを作って薪で火を焚き調理ができることを伝えたくて。災害時にも役立つでしょう」と苅米さん。最後に、みかん畑で土産の甘夏みかんを収穫。同園のペット、ミニチュアホースと触れ合うこともでき、参加者、特に子どもたちは始終ニコニコ。満足した様子だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…
  2. ◇新型コロナで不審な電話が増加中!  県内の個人宅では、「コロナのことで調べている」という不審な電話が確認されています。市役所職員を…
  3.  2020年は「更級日記」作者・菅原孝標娘(すがわらのたかすえのむすめ)の帰京から1000年。作者は父の上総介(かずさのすけ)任務に伴い、上…
  4.  市原市内の古道に道標を作成・設置し、椎津城跡の整備に協力するなど、文化遺産啓発活動や地域行事に協力を続けている姉崎高校の生徒らが、この…
  5.  サッカー場施設の「市原スポレクパーク」は、子どもから大人までサッカー愛好家が集まる市民・県民のための施設です。広大なピッチはナイター設備を…
  6.  分蜂の季節。ニホン蜜蜂を飼っている者にとっては待ち遠しい、期待に胸膨らむ季節です。桜の花が咲いた2週間後くらいが目安で、偵察蜂が新しい棲み…
  7. 「ダメダメッ、沼の主がいるよ。行っちゃだめー」と、子どもたちが人形に向かって必死に叫ぶ。人形劇『やまなしもぎ』の一場面でのことだ。上演…
  8. ◇多発する車上荒らし、部品盗難に注意!  市原警察署管内では最近、車上ねらいやナンバープレートを狙った部品ねらいの盗難が多発していま…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…

ピックアップ記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る