やっぱりお餅は、つきたてが一番!

 2月20日、市原市海保にある、みかん農園『房総十字園』で『田舎で餅づくり体験』が行われ家族連れなど26名が参加した。主催は(一社)市原市観光協会。本来は薪を使って火をおこし、市原産のもち米を炊くところから始める予定だったのだが悪天候のため杵と臼で餅をつくところからスタートした。
 同園の苅米幸男さんが餅を丸め、「ヨイショー、ヨイショー」という掛け声に合わせ順番に杵で餅をついていく。親子一緒に杵を振り上げる人もいれば、「おも~い」と言いながら小さな体で頑張る幼児も。何度もつくうちに餅は滑らか、ツヤツヤに。そして蒸したて、つきたての餅を食べる大きさに丸めていく。「びよーんと伸ばさずに卵くらいの大きさにちぎる。そしてザラザラしたところを裏側にグルグルと巻き込んで」苅米さんが作り方を説明するも、子どもたちも一緒に好き好きに丸めたものだから大きさは大小バラバラ、でこぼこしたイビツな形。しかし遊び心いっぱいの餅が木箱に並んだ。味付けは、きな粉、あんこ、大根おろし醤油をお好みでかけて食べる。地のりを盛った味噌汁も振る舞われ、「お餅、とっても柔らかい!」、「ほっぺたが落ちるほど美味しい」と参加者。
「ガスや電気がなくても、石でかまどを作って薪で火を焚き調理ができることを伝えたくて。災害時にも役立つでしょう」と苅米さん。最後に、みかん畑で土産の甘夏みかんを収穫。同園のペット、ミニチュアホースと触れ合うこともでき、参加者、特に子どもたちは始終ニコニコ。満足した様子だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『ハア キタサッサ ヨイサッサ ハ コラサット チョイサ ハア~ カモメ来て鳴け東浪見が浜へ 今日も大漁の旗の波 太東岬で入熊見れば 明日も…
  2. 12月22日(日)、五井の夢ホールにて朗読音楽劇「すずの兵隊さん」の公演が行われます。市原市ちはら台の本間樺代子さんが書き下ろし、2年前の千…
  3.  市原市スポーツウエルネス吹矢大会が、8月31日、辰巳公民館にて開催されました(主催:第10回市原市スポーツウエルネス吹矢大会実行委員会、…
  4. ヒイラギ 年の瀬が近づいた雑木林の散策路で、クリスマス飾りのトゲトゲのヒイラギを見たくて近寄ってみた。枝先に付いていたのは赤い実でなく白い花…
  5. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…
  6. 長生郡長柄町で『いぬねこの森』を運営している今成貞江さん。平成元年に東京から長柄町に移住し、あまりに多くの犬や猫が捨てられているのを見過ごす…
  7. カーネギーおじさんに教わる(1) こども『人を動かす』友だちの作り方  この11月に創元社より刊行された話題の新刊「カーネギーおじさんに教わ…
  8. 11月3日、主選者に千葉日報俳壇選者・千葉県現代俳句協会副幹事長の清水伶さんをお迎えし、サンプラザ市原において文化祭俳句大会が開催されました…
  9. 今年ももう残りわずか。新しい年号が5月から始まり、梅雨の長雨や今まで経験した事の無いような台風被害によって、きっと忘れられない年になるのでは…
  10. 子どもというのは、親の言う通りにはしませんが、親のする通りにするものですね。また違う言い方をすれば、『親の思い通りにはならない。親の心通りに…

ピックアップ記事

  1. 『ハア キタサッサ ヨイサッサ ハ コラサット チョイサ ハア~ カモメ来て鳴け東浪見が浜へ 今日も大漁の旗の波 太東岬で入熊見れば 明日も…

イベント情報まとめ

  1. ●乗馬クラブ クレイン千葉富津 先着2組4名様をご招待! 男女・年代問わず、体に負担なく始められる乗馬。ストレス解消に、健康のために、新鮮…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る