やっぱりお餅は、つきたてが一番!

 2月20日、市原市海保にある、みかん農園『房総十字園』で『田舎で餅づくり体験』が行われ家族連れなど26名が参加した。主催は(一社)市原市観光協会。本来は薪を使って火をおこし、市原産のもち米を炊くところから始める予定だったのだが悪天候のため杵と臼で餅をつくところからスタートした。
 同園の苅米幸男さんが餅を丸め、「ヨイショー、ヨイショー」という掛け声に合わせ順番に杵で餅をついていく。親子一緒に杵を振り上げる人もいれば、「おも~い」と言いながら小さな体で頑張る幼児も。何度もつくうちに餅は滑らか、ツヤツヤに。そして蒸したて、つきたての餅を食べる大きさに丸めていく。「びよーんと伸ばさずに卵くらいの大きさにちぎる。そしてザラザラしたところを裏側にグルグルと巻き込んで」苅米さんが作り方を説明するも、子どもたちも一緒に好き好きに丸めたものだから大きさは大小バラバラ、でこぼこしたイビツな形。しかし遊び心いっぱいの餅が木箱に並んだ。味付けは、きな粉、あんこ、大根おろし醤油をお好みでかけて食べる。地のりを盛った味噌汁も振る舞われ、「お餅、とっても柔らかい!」、「ほっぺたが落ちるほど美味しい」と参加者。
「ガスや電気がなくても、石でかまどを作って薪で火を焚き調理ができることを伝えたくて。災害時にも役立つでしょう」と苅米さん。最後に、みかん畑で土産の甘夏みかんを収穫。同園のペット、ミニチュアホースと触れ合うこともでき、参加者、特に子どもたちは始終ニコニコ。満足した様子だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る