こでまりの夢 ~否定語よりも行動で~

 先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って戻ってきた早々、案の定コーヒーカップを倒してしまいました。「予感が当たった…」と思ったのですが、これって、はじめに『こぼしそう』と考えた私の脳がそうさせた、ということなんですね。
 よくやってはいけないことを親が子どもに教えるとき、「○○はしちゃダメよ!」と言いがちです。だけど子どもって、ダメと言われたことをやりますよね。何度も言われているのに、やっちゃいます。これって、冒頭でお話した脳の特徴なんですって。例えば、「ケンカしちゃダメよ!」と言われると、「ケンカ」という言葉が脳にインプットされます。すると、なぜかケンカをしてしまう。他にも、「忘れ物をしないで」と言われているのに忘れ物をする。「遅刻するな!」と言われているのに遅刻をする、などです。
 否定語は、子育てのマイナスになる確率が高いと言われています。人として守らなければならないことを教えるときには、否定語や理屈で教えるのではなく、親がお手本を示しながら自ら行動することが大切です。子どもの心に届けるためには、なるべく未来志向で、肯定語や認める言葉を使うように心がけましょう。

中嶋 悦子(なかしま えつこ)
1965年生。宮崎県出身。二男二女の母。大網白里市在住。エンカレッジ・ステーション(株)代表取締役社長。NPO法人民間児童館おおきなかぶ理事長。社会福祉法人ありんこ会理事長。ありんこ親子保育園園長。保育士。エッセイスト。 TEL.0475-53-3509

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る