市原の方言で語る市原の民話

 昔話という形で伝わる民話。市原市内の各地域にも数多く残されているという。昨年、市津公民館主催で行なわれた『ふるさとの民話』では、市原の民話を語る会・どんぐり座主宰の大澤和子さんが語り部となり、20名の参加者に市津地区の民話などを語った。大澤さんはいちはらFMでふるさと民話を紹介する番組を担当し、市原の方言で市原の民話を語ることにこだわっている。
 今回のひとつめの民話は、大昔の神代の英雄・ヤマトタケルの「鬼に石棒」から。 「むか?しむかしの話だよ」と語り始める大澤さん。鬼の悪さに泣いていた人たちを助けるため、ヤマトタケルが鬼と戦う姿を、身振り手振りを交え、臨場感たっぷりに表現。鬼退治に使った石棒は、市内の神社に奉納されたと伝えられるとされる。次は源頼朝が手植えしたという飯香岡八幡宮の『逆さイチョウ』、さらに「市津地域の昔話はしっかあるだよ!」と、『金剛地の長者どん』、大作に伝わる『流れてきたお薬師様』、『高田のヘビ娘』を紹介。休憩の後は、市原の戊辰戦争について遠山あきさんの著作から、市原出身の近代医療の先駆者・宮原立太郎伝は谷嶋一馬さんの著作から語った。
 参加者は「戊辰戦争が五井でも行われ、怪我をした姫路藩の武士が、地域の名主の温情により潤井戸で生涯を全うした、という話に、幕末が急に身近になりました。2時間があっという間でした」と感動した様子。大澤さんは「民話はその土地の歴史でもあります。多くの人が引き継ぎ残してきた『ふるさと』を感じてほしい」と話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る