大宮神社の秋季大祭で秋の実りと日頃の平穏に感謝を

 11月3日(祝)、市原市五井にある大宮神社で開催された秋季大祭は地元の上宿・下宿・新田地区を含めた参加者や見物客で大いに賑わった。祭典は1日の午前中、神様にお供え物を献じ、宮司が祝詞をあげるところから始まる。その後、巫女による舞が奉納されると参列者が玉串を捧げて拝礼、2日目には3地区のそれぞれの山車に御霊入れが行われる。
 そして3日目の早朝組み立てられた神輿は、お昼過ぎまで町内を巡幸する。「秋季大祭の醍醐味は、米の豊作を感謝するという意味があります。今年は天候の不順もありましたが、無事に収穫を終えられました。山車や神輿には御霊がうつっています。つまり、神と共に町内を歩き、町を視察してもらうのです。祭りが地域を1つにして、これからも伝統や文化を受け継いでいって欲しいです」と宮司の時田克男さんは話す。
 約5mの高さを誇る山車が町内を回ると、沿道には応援するように見物客が集まってくる。子ども達の笑い声とともに、先導する大人の吹く笛の音が、遠くからでも耳に届く。五井小6年の男児は神楽を演じながら、「下宿保存会に所属しています。小1から神楽に参加していて、初めはただ楽しかっただけですが、今は見ている人が楽しめるように頑張っています。夏から週1で練習した成果を出せたら。中学に入っても続けます」と笑顔を見せた。
 そして、保存会会長の布施浩昭さんも、「3町会がお互いに良い刺激にもなっています。神楽もこの秋季大祭で終わりでなく、五井小まつりや民芸連でも演じていて、常に繋がっていくもの。大切にしていきたいです。そして子ども達の数は減っていますが、周りの大人達と関わりながら、消防団で活動するなど地元に根ざし成長してもらえたら」と続けた。
 他にも、神社内では市原ふるさと太鼓が演奏を披露。会長の奥島三男さんは、「大昔から続く祭りに参加できてとても光栄です。みんな今日の夜は興奮して眠れないかも」と楽しそうに話した。来年の秋も豊作を願うばかりである。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  森や川に生息する動植物などを観察し、親子で自然を楽しみましょう!4月27日(土)、9月7日(土)、11月9日(土)の全3回に渡って行い、講…
  2.  いつの間にか春も盛り。寒いうちに庭木に寒肥(肥料)を与えておこうと思ったのに遅くなってしまいました。寒い時は庭仕事がどうしても億劫になって…
  3. 【写真】ケヤキ一枚板のカウンターと。左から鈴木さん、悦子さん、智明さん  大谷家具製作所は2011年11月に長南町長南に工…
  4. 『リーダーハーフェン』は1982年結成の男声合唱団で、42年間その歌声を響かせてきた。構成は、トップテノール・セカンドテノール・バリトン・…
  5.  多くの映画ファンを虜(とりこ)にした女優オードリー・ヘプバーンを、前半・後半と2回に分けて掲載します。ヘプバーンは今でも日本や欧米諸国で人…
  6.  昔から『言葉3割、行動7割』という言葉があります。「子どもは親の言うことの3割までしか身に付けないが、親の行うことはその7割以上を身に付け…
  7.  市原市姉崎小学校を拠点に活動している剣道『錬心舘市原道場』。設立は1987年と長い歴史を持ち、小中学生を中心にこれまで数多くの卒業生を育て…
  8. 【写真】本須賀海岸(当写真は特別な許可を得て撮影しています)  マリンアクティビティのイメージが強い九十九里エリア。成田国…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】ケヤキ一枚板のカウンターと。左から鈴木さん、悦子さん、智明さん  大谷家具製作所は2011年11月に長南町長南に工…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る