大宮神社の秋季大祭で秋の実りと日頃の平穏に感謝を

 11月3日(祝)、市原市五井にある大宮神社で開催された秋季大祭は地元の上宿・下宿・新田地区を含めた参加者や見物客で大いに賑わった。祭典は1日の午前中、神様にお供え物を献じ、宮司が祝詞をあげるところから始まる。その後、巫女による舞が奉納されると参列者が玉串を捧げて拝礼、2日目には3地区のそれぞれの山車に御霊入れが行われる。
 そして3日目の早朝組み立てられた神輿は、お昼過ぎまで町内を巡幸する。「秋季大祭の醍醐味は、米の豊作を感謝するという意味があります。今年は天候の不順もありましたが、無事に収穫を終えられました。山車や神輿には御霊がうつっています。つまり、神と共に町内を歩き、町を視察してもらうのです。祭りが地域を1つにして、これからも伝統や文化を受け継いでいって欲しいです」と宮司の時田克男さんは話す。
 約5mの高さを誇る山車が町内を回ると、沿道には応援するように見物客が集まってくる。子ども達の笑い声とともに、先導する大人の吹く笛の音が、遠くからでも耳に届く。五井小6年の男児は神楽を演じながら、「下宿保存会に所属しています。小1から神楽に参加していて、初めはただ楽しかっただけですが、今は見ている人が楽しめるように頑張っています。夏から週1で練習した成果を出せたら。中学に入っても続けます」と笑顔を見せた。
 そして、保存会会長の布施浩昭さんも、「3町会がお互いに良い刺激にもなっています。神楽もこの秋季大祭で終わりでなく、五井小まつりや民芸連でも演じていて、常に繋がっていくもの。大切にしていきたいです。そして子ども達の数は減っていますが、周りの大人達と関わりながら、消防団で活動するなど地元に根ざし成長してもらえたら」と続けた。
 他にも、神社内では市原ふるさと太鼓が演奏を披露。会長の奥島三男さんは、「大昔から続く祭りに参加できてとても光栄です。みんな今日の夜は興奮して眠れないかも」と楽しそうに話した。来年の秋も豊作を願うばかりである。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る