月に1度のお楽しみ市場 うしくにぎわいマーケット【市原市】

 ハーブの苗を買ったら、育て方やハーブの活用法まで教えてもらえたり、石に好きな絵を思いのままに描いたり……お得な買い物や、楽しい体験、あったかい交流ができると評判の『うしくにぎわいマーケット』を訪ねた。

美味しい!可愛い!

 とても大きなカステラに目を奪われた。三河屋による切り売りだ。グラム単位の販売で、目の前でカットして見せてくれる。ブースの横には同店による射的コーナーもあって楽しそう。オーガニッククッキーの店では、商品の美味しさやヘルシーさを丁寧に説明してもらった。美味しそうなタピオカや無農薬野菜、お洒落な押し花キャンドルや手芸品などが並ぶお店があったり、ブース内で絵画の個展が開かれていたり、竹細工も凄い。どこから廻ろうかワクワクさせられる中、小さな白いテントが気になった。アクセサリーを作るのが好きな6歳の女の子が、自分の作品のお店を出していた(保護者が別のブースで参加)。お店の小ささといい、幼い店主の笑顔といい、看板の文字通り『かわいいお店やさん』だ。
 うしくにぎわいマーケットの会場は、小湊鉄道の上総牛久駅前、深山文具店駐車場。毎月第2日曜日に開催されている。毎回、地元を中心に他市からも合わせ約20店舗が参加するが、商品内容が被らないように実行委員会が調整しているため、飲食物、手工芸品やアート作品、雑貨、ゲーム、ワークショップなどバランスがよくバラエティに富み、幅広い年代層が楽しめるイベントになっている。
 月替わりで新しい品々が登場する一方、定番の人気商品もある。その一つは吾妻堂のパンに、東屋精肉店のコロッケをはさんだコロッケバーガー。和洋菓子店と精肉店、商店街のお店どうしがコラボレーションしてできた名物だ。コロッケと春木屋の海苔巻きのコラボ商品も人気がある。他にも様々なブースが並び、人が繋がることの魅力が、あたたかく感じられる市場として賑わっている。

地域愛から生まれた市場

 主催者の大鐘実さんは、牛久で4年前から『そらたねハーブ農園』を運営し、夏の時期、花が少ない小湊鉄道沿線にラベンダーを植えて、牛久を、やがては市原市をラベンダーの香る街にしたいと夢を描き、プロジェクトを進めている。マーケットを始めたきっかけは「2016年の暮れのことです。牛久の商店街や町並みの活性化のために、何かイベントができないかなと思って。牛久在住の手作り品の作家さんや飲食業の方、幼馴染みにも声をかけたら、10店舗ぐらい集まってくれたんです」と、自身も出店。ハーブや植物の鉢を並べ、来店者の要望によって育て方や利用方法、料理のレシピなどを丁寧に教えている。
 情報を寄せてくれた山内あゆみさんは、牛久で石材業を営む『山内石材』の若女将。ハンドメイドに魅せられ石に絵を描くことを始めた。マーケットには『石にお絵かき』できる『ArtStone歩』として出店する一方、1000枚近くのチラシをポスティングするなど実行委員としても尽力。「個人では大変だから、8名で団結しました。皆でがんばっています」とのこと。「月に一度のお楽しみです。友達連れて遊びにきて交流の場所にしてほしい、牛久の街がにぎわってほしいです。大鐘さんが始めてくれて本当に良かった。初めて石に絵を描いて喜んでくれる人が多いです。これからも毎月開催したいです」と言葉を続ける。
 小学校3年生の男の子が『ArtStone歩』に来店した。取材は12月の回。マーケットをクリスマスムードで盛り上げようと実行委員が準備したサンタクロースの帽子を被って参加したその子は、石に絵を描くことに夢中になった。必要最小限の説明にとどめ、子どもが描きたいように描くことを尊重し、傍らに付き添って見守る山内さん。男の子は「初めて石に絵を描きました。少しだけ難しかったけど、いろいろな色を使えて楽しかったです。家に飾ります」と、できあがった作品を手に嬉しそうに感想を聞かせてくれた。
 夜の部では、市原市地域おこし協力隊として活躍してきた髙橋洋介さんによる『#牛久にカフェをつくりたいんだ』が企画した映画上映も行われた。「牛久にテイクアウトのコーヒースタンドを作りたいんです。コーヒー片手に商店街を巡って、商店街の美味しいものと一緒に味わってほしい」と髙橋さん。その夢も会場の目の前の上総牛久駅で3月20日に実現した。
 大鐘さんは「雨対策として、空き店舗を利用した屋内店舗も検討しながら、街全体に広めていけたら…」とマーケットの今後を具体的に描いている。のんびり自由な雰囲気で癒やされるからと、木更津や佐倉からの出店もあるそうだ。牛久の街を愛する人たちの思いが行き交う、うしくにぎわいマーケット。来客用の駐車場、購入商品を味わえるスペースも無料で利用できる。
問合せ: そらたねハーブ農園・大鐘さん
TEL.090・3579・5145
※状況によって開催延期・中止の場合もあります。お出かけ前にご確認ください。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…
  2.  最近、街中の池でもよく見られるようになったオオバン。白色の嘴と額以外ほぼ全身黒色をした全長36センチ位の水鳥である。全身に斑や縞模様等が少…
  3.  古いレトロな郵便局の建物を活かし、まちづくりや育児サークルの活動、ギャラリーなどに使えるレンタルスペース『ギャラリー・プロジェクト長南』。…
  4.  千葉県内各地で福祉施設の運営を行っている社会福祉法人佑啓(ゆうけい)会。平成5年に市原市で開所した知的障害者施設・ふる里学舎をはじめ、通所…
  5.  以前、八十三歳になる恩師が、「出来の悪い子ほど親孝行。自分の足りなかったところを教えてくれた」と、我が子の子育てを振り返られて仰っていまし…
  6.  7月の日曜日の午後のひととき、上総更級公園の公園センターで、ハーブの活用法「ハーブクラフト」講習会が開催された。参加費、材料費は一切無料。…
  7.  新型コロナウイルスの感染拡大と昨年の台風被害から、今年は多くのイベントが中止。緑豊かな里山に囲まれた長柄町でも、多くの農園や組合、工房など…
  8.  新しい地図エンタテイメント『地図で楽しむ本当にすごい千葉』が宝島社より刊行! 著者の『都道府県研究会』は、最新データを駆使して47都道府県…
  9.  関東鉄道協会主催、鉄道沿線地域の活性化に寄与しようと開催されているスタンプラリー。第10回となる今年は、関東を「東京」「千葉」「埼玉・群馬…
  10.  #牛久にカフェを作りたいんだ…発起人たちの思いがそのまま屋号になったカフェスタンドが、3月、小湊鉄道上総牛久駅駅舎にオープンした。発起…

ピックアップ記事

  1.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る