家族みんなで運動会

 「おはようございます!」最前列に陣取った子どもたちを中心に元気いっぱいのあいさつでスタートしたのは、6月19日、茂原市市民体育館で行われた『みんなでラジオ体操会&第13回ファミリースポーツまつり』。今回は、全国ラジオ体操連盟理事長の青山敏彦さんとNHKのテレビ番組『テレビ体操』に出演中のアシスタント2名が来場、ラジオ体操をわかりやすく説明し披露した。ペアを組んでの体遊びなどもあり会場は最初から大きな盛り上がりを見せた。「茂原市でも健康増進の一環としてラジオ体操を採り入れたい」と大会会長の内田達也さん。主催は茂原市教育委員会。
 参加したのは家族連れの約370名。競技は、小学校低学年・高学年・未就学児・大人男性・大人女性に分かれて行い、それぞれの区分で主に個人同士で競い合う。我が子や孫の走る姿を撮影しようと多くの保護者がコート脇でカメラを構えた。
 大玉ころがしや新聞紙に風船を乗せて運ぶ競技ほか家族や親子で楽しめる種目が続々と続いた。『スリッパ飛ばし』という珍種目、高学年の部では16.64mと大会新記録が飛び出した。親子のおんぶで競い合う『パン喰い競走』はパンが大きく、くわえるのに苦心していたが何とか口にほおばり笑顔でゴールイン。もっとも白熱したのは最終プログラム、前述の区分ごとに行われた全員参加の綱引き。「ママー、パパー、がんばってー!」声援が飛ぶ中、力いっぱい綱を引く。特にパパ同士の戦いでは「ウッス、ウッス」と低いかけ声とともに力強い戦いが繰り広げられた。勝ったチームは両手を挙げて大喜び。子どもはもちろん、大人も童心に帰った様子でたくさんの汗を流した。小4の男子は「スリッパ飛ばしで2位だった。面白かった。また参加したい」と笑顔で話した。「親戚ぐるみで楽しんでいます。いいイベントですね」との声も。各種目全て賞品が出るのも子どもにとっては大きな楽しみだ。
 また、市健康管理課による健康相談ブースでは各種がんの情報展示や検診のPRが行われ、乳がん触診体験やフッ化物洗口体験コーナーなども設けられていた。茂原市内の病院スタッフによる歩行年齢測定会では脚力や体幹バランスなどを測定、改善のためのアドバイスや自宅でできる運動の紹介も。60代の女性は「自信があったのに脚力が意外と弱いことがわかった。運動法を教えてもらったので早速家でやってみる」と話した。
 家族みんなで、運動と健康のことを見直すいい機会になったのでは。来年の開催もお楽しみに。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る