御宿の海、生き物、歴史を描いた作品展

 御宿町の月の沙漠記念館で『にしもとおさむ作品展』が開催されている。現在は広島県に在住のイラストレーター、造形作家、デザイナーとして活動する西本修さんだが、4年間ほど御宿町に住んだことがあり、町のシンボルキャラクターを募集した際、最優秀賞に選ばれたのが西本さんの作品。 御宿町の特産物であるイセエビをイメージした『エビアミーゴ君』だった。エビミーゴ君は小学生で、両親と妹と御宿町に住んでいる設定。着ぐるみも作られ、数々のイベントにも参加している。
 今回の作品展ではエビアミーゴ君の家族や仲間たちのイラスト、木工作品、藍染など300点余りを展示している。中でも特に西本さんの思い入れがあるのは『御宿ヒストリーサーフボード』。サーフボードに江戸時代から現代までの御宿の歴史を描いており、難破したサンフランシスコ号、その乗組員、また彼らを救助する村の人々や当時の城主の本多忠朝。
 近年では、メキシコからお礼を言いに来たロペス大統領を町民が神輿に乗せ歓迎している場面。メキシコとの友好を記念したメキシコ記念塔(日・西・墨三国交通発祥記念之碑)。最近のものとしては御宿の海岸に多く集まるサーファーや、毎年行われるライフセービングの大会が描かれている。 今回の作品展のために制作したという、御宿に関したものをモチーフにした藍染は見応えがあり必見。作品展は11月20日まで。

問月の沙漠記念館 
夷隅郡御宿町六軒町505・1
TEL 0470・68・6389
開館時間917時(入館は16時30分まで)
一般400円、高校生・大学生・65歳以上300円、小・中学生200円、未就学児無料。水曜休館。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る