御宿の海、生き物、歴史を描いた作品展

 御宿町の月の沙漠記念館で『にしもとおさむ作品展』が開催されている。現在は広島県に在住のイラストレーター、造形作家、デザイナーとして活動する西本修さんだが、4年間ほど御宿町に住んだことがあり、町のシンボルキャラクターを募集した際、最優秀賞に選ばれたのが西本さんの作品。 御宿町の特産物であるイセエビをイメージした『エビアミーゴ君』だった。エビミーゴ君は小学生で、両親と妹と御宿町に住んでいる設定。着ぐるみも作られ、数々のイベントにも参加している。
 今回の作品展ではエビアミーゴ君の家族や仲間たちのイラスト、木工作品、藍染など300点余りを展示している。中でも特に西本さんの思い入れがあるのは『御宿ヒストリーサーフボード』。サーフボードに江戸時代から現代までの御宿の歴史を描いており、難破したサンフランシスコ号、その乗組員、また彼らを救助する村の人々や当時の城主の本多忠朝。
 近年では、メキシコからお礼を言いに来たロペス大統領を町民が神輿に乗せ歓迎している場面。メキシコとの友好を記念したメキシコ記念塔(日・西・墨三国交通発祥記念之碑)。最近のものとしては御宿の海岸に多く集まるサーファーや、毎年行われるライフセービングの大会が描かれている。 今回の作品展のために制作したという、御宿に関したものをモチーフにした藍染は見応えがあり必見。作品展は11月20日まで。

問月の沙漠記念館 
夷隅郡御宿町六軒町505・1
TEL 0470・68・6389
開館時間917時(入館は16時30分まで)
一般400円、高校生・大学生・65歳以上300円、小・中学生200円、未就学児無料。水曜休館。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る