デュアルタスクで認知症予防

 11月1日、辰巳公民館主催事業の健康講座『認知症の理解と予防について』が開かれた。参加者53人を前に講師を務めたのは市原市地域包括支援センター・たつみの社会福祉士村山愛佳さんら3人。高齢になると誰でも物忘れが増える。「普通の物忘れと違い、認知症は病気。脳出血、脳梗塞、うつ病などを治療すると良くなる可能性のある認知症、アルツハイマー病など進行を遅らせる薬のある認知症もあるので早期発見・治療が大切」だという。
 認知症のリスクは生活習慣病予防で減らせる。「適度な運動と睡眠、バランスの良い食習慣、口の健康が大事。社会参加、知的活動も積極的にしてほしい」そうだ。認知症予防のひとつとして講師が手ほどきしたのは、頭と体を同時に使うデュアルタスク(二重課題)。左右で動きの違う指折り体操や足踏みと同時に3歩ごとに手をたたく運動などを行うと、何とか動作を合わせようとする参加者から楽しそうな笑いがもれた。
「相談は早めにかかりつけ医、専門医、市内5カ所にある地域包括支援センターへ」とのこと。講座参考資料のひとつ、市原市認知症対策連絡協議会作成の冊子『もの忘れ・認知症ガイド』は市高齢者福祉課、各地域包括支援センターまたは同会ホームページで手に入る。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年1月17日、市原市田淵地区の地磁気逆転地層『千葉セクション』にちなみ、約77万4千年~12万9千年前の地質時代が、正式に『チバニ…
  2.  水が湧き出ている水路で、こんもり茂った花茎に白い小さな花がたくさん見られた。幅いっぱいに数メートルに渡って茂っている所もある。  ヨーロ…
  3.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  4. 新型コロナウイルスの感染拡大に便乗して、大手通販サイトを装ったサイバー犯罪や、買った覚えのないマスクが届く悪質商法など、様々な事件が発生して…
  5.  長生郡長南町市野々の丘陵地帯に、公益財団法人日本生態系協会が運営する樹木葬墓地『森の墓苑』がある。苑内では、『森と草はらの再生プロジェ…
  6.  茂原市で活動するチェンソーカービング同好会『くさりのこくらぶ』では、4月に『アマビエ様』を制作、茂原市内に設置した。代表の木一吉さん(きい…
  7. ◇住居に入り窃取する侵入盗を防止!  今年に入り、市原市内で住居に侵入し、金品を窃取する侵入盗が散見されています。被害の多くは、ガラス…
  8. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1.  2020年1月17日、市原市田淵地区の地磁気逆転地層『千葉セクション』にちなみ、約77万4千年~12万9千年前の地質時代が、正式に『チバニ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る