デュアルタスクで認知症予防

 11月1日、辰巳公民館主催事業の健康講座『認知症の理解と予防について』が開かれた。参加者53人を前に講師を務めたのは市原市地域包括支援センター・たつみの社会福祉士村山愛佳さんら3人。高齢になると誰でも物忘れが増える。「普通の物忘れと違い、認知症は病気。脳出血、脳梗塞、うつ病などを治療すると良くなる可能性のある認知症、アルツハイマー病など進行を遅らせる薬のある認知症もあるので早期発見・治療が大切」だという。
 認知症のリスクは生活習慣病予防で減らせる。「適度な運動と睡眠、バランスの良い食習慣、口の健康が大事。社会参加、知的活動も積極的にしてほしい」そうだ。認知症予防のひとつとして講師が手ほどきしたのは、頭と体を同時に使うデュアルタスク(二重課題)。左右で動きの違う指折り体操や足踏みと同時に3歩ごとに手をたたく運動などを行うと、何とか動作を合わせようとする参加者から楽しそうな笑いがもれた。
「相談は早めにかかりつけ医、専門医、市内5カ所にある地域包括支援センターへ」とのこと。講座参考資料のひとつ、市原市認知症対策連絡協議会作成の冊子『もの忘れ・認知症ガイド』は市高齢者福祉課、各地域包括支援センターまたは同会ホームページで手に入る。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る