あたりまえ防災を身につけて命を守る

 今年3月、総務省消防庁主催で行われた第22回防災まちづくり大賞で、東金市にある県立東金特別支援学校が最優秀賞の総務大臣賞に選ばれた。同校は、東日本大震災が発生した翌年に生徒会メンバーと教師らが被災地を訪問。被災者の「日常生活で防災をあたりまえのことにしてほしい」との言葉に感銘を受け、当時流行していた芸人COWCOWのリズムネタであるあたりまえ体操を参考に防災を内容としたわかりやすい言葉で替え歌を制作した。
 同校の『あたりまえ防災隊』隊長である高等部3年子安ひろしさんは、「当時は動画を配信したり、様々な場所で披露したりして、かなり反響があったようです。今回は、『あたりまえ体操Ⅱ~ぼくらの合言葉~』を作りました。曲と詩はすべてオリジナルです」と話す。
 あたりまえ防災隊は、東金市合同避難訓練や校内に防災体験ブースを設置するウォークラリーなど地域との交流を積極的に行っている。同隊には40名ほどの生徒が所属し、「この活動を通して他者とのコミュニケーション力が向上しました」、「身体に歌が染みつき、実際に地震で部屋の本棚が倒れた時に身を守ることができました」とよい結果をもたらしている。
 押塚雄史教諭も、「命の大切さを学ぶことが根本ですが、地域交流をすることで多くの方と生徒たちは知り合うことができました。生徒たちを誇りに思うし、他校でもこれをモデルプランに活動を広げてもらえたら」と話す。曲はユーチューブにてあたりまえ防災Ⅱの検索で視聴可能。詳細は問合せを。

問合せ 東金特別支援学校
TEL 0475・52・2542

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る