ハーブ王子のしあわせ健康レシピ

 日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニューを複数以上扱っています。ヴィーガンになる動機は人それぞれで、大きく分けると1健康、2環境問題、3動物愛護のためのようです。1は動物性食品の病気へのリスクの高さ、2は畜産が及ぼす地球温暖化への影響や魚介類の乱獲による資源枯渇、3はその言葉通りに動物の命や権利を守ると言う事。それらを考えて動物性食品の摂取を止めていきます。
 日本人が抱く完全菜食主義という堅いイメージとは異なり、ヨーロッパやアメリカでのヴィーガンは、カジュアルで食生活やライフスタイルの選択肢の1つと受け止められているようです。私自身は、この連載で比較的動物性食品を使ったレシピを多く連載してきました。動物性の食品は嫌いではないのでヴィーガンになる自信など全くありません。しかし、そんな私でも実践している事があります。それは週に1日だけ動物性食品を摂取するのを止める事。今回のレシピはそんなヴィーガンの為の動物性食品を全く使わないハーブ料理を用意してみました。

●材料(2人分)
ズッキーニ 中2本、キドニービーンズ30g程、ヴィーガンシュレッドチーズ30g程、塩胡椒 少々、オレガノ 適量

●作り方
1.ズッキーニを縦半分に切り、スプーンを使って中身を若干厚みを保ちながらくり抜く。
2.削り取ったズッキーニ、ビーンズ、チーズを細かく刻み、ボウルに入れ塩胡椒を振ってよく混ぜる。
3. 2を手でまとめながら、ズッキーニの窪みの中にしっかり詰める。
4. 200度に熱したオーブンで30〜35分程、表面に軽く焦げ目がつく程度まで焼き上げる。
※注1:肉や魚介類だけではなく卵や乳製品なども一切食べない主義の人の事を指します。

長谷川良二
市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る