こでまりの夢 ~楽しかったことは、ずっと忘れない~

 私が小学生の頃、同じ地区の小学生がいる5世帯が、月に一度、持ち回りで自宅に子ども達を集めて『子供会』を行っていました。クリスマス会では、6年生がやった劇に、その家の赤ちゃんが乱入して大笑い。1年生と6年生がペアになって歌謡曲を歌って大盛り上がり。学校とは違う異年齢の関わりが、とても楽しかったことを今でも鮮明に覚えています。
 先日、私が勤める保育園の卒園児さんと話をする機会がありました。4年生になった○くんは、「先生、保育園の頃、とても楽しかったのを今でも覚えているよ」と言うのです。どんなことが楽しかったのかを聞いてみたところ、作品展で友達や先生たちと大きな象を作り上げ、それに乗って遊んだことが一番楽しかったそうです。この子の楽しい思い出に私も少しだけ貢献できたのかな、と思うと、とても嬉しくなりました。
 人間は、悲しかったことや辛かったことをいつまでも覚えていると生きていけなくなるので、嫌なことは忘れるように脳が働くのだそうです。一方、楽しかったことや嬉しかったことは、記憶に残りやすいそうです。
 子どもたちには、楽しい思い出をたくさん持たせて、幸せな大人になってもらいたいなと思いました。

中嶋 悦子(なかしま えつこ)
1965年生。宮崎県出身。二男二女の母。大網白里市在住。エンカレッジ・ステーション㈱代表取締役社長。NPO法人民間児童館おおきなかぶ理事長。社会福祉法人ありんこ会理事長。ありんこ親子保育園園長。保育士。エッセイスト。
Tel.0475・53・3509

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  1月8日(土)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて公益財団法人千葉県文化振興財団主催で「見る、知る、伝える千葉 創作狂言 里…
  2.  いちはら地域ネコの会は、不幸なノラネコがいない地域社会を目指すことを目的に、平成24年に設立されたボランティア団体。地域ネコとは地域の理解…
  3.  いつも通る雑木林の奥に、輝いているかのように際立つ赤褐色の木を見つけた。マツ科マツ属の常緑高木、アカマツ(赤松)であった。  大きなもの…
  4.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…
  5.  社交ダンスに限らず、特に魅せるスポーツにおいては選手の「表情」が大きな意味をもっていますが、このコロナ禍において、すでに2年近くの間、表情…
  6.  昨年10月19日、山武市の松尾IT保健福祉センターにて、山武市保健推進員協議会主催の『知ってる?パッククッキング~災害時常備食クッキング~…
  7.  明けましてておめでとうございます。草花や野菜と共に生活をしていると、四季の移り変わりもよりあっという間のような感じがします。昨年は園芸だけ…
  8.  市原市は東京湾に面していても、残念ながら海で楽しめる場所がほとんど無い。唯一楽しめる場所は養老川河口で、海釣り公園があり、数多くの子供から…
  9. 「晴れたら市原、行こう。」をコンセプトに、2014 年からトリエンナーレ形式で開催されてきた「いちはらアート×ミックス…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  1月8日(土)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて公益財団法人千葉県文化振興財団主催で「見る、知る、伝える千葉 創作狂言 里…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る