こでまりの夢 ~子育てが終わってからでも遅くない~

実は私、五十四歳の大学一年生なんです。昨年四月に某大学こども心理学部通信教育課程に入学しました。幼稚園教諭一種免許取得を目指して、日々仕事の合間に大学の勉強をしています。
四人の我が子の子育て中は、自分の時間も取れず、ずっとこの状態が続くような気がしていました。そんな時、お世話になっていた先生に、「子どもはいずれ巣立っていくもの。親は子どもだけを生きがいにしないこと。そのための準備は、若いころからしておくことが必要だよ」と教わりました。子どもを生きがいにしていた人は、母親の肩の荷が下りると同時に、言葉にできないような寂しさを感じることがあります。ひな鳥の巣立ち後の『空の巣』状態に例えられた状態を『空の巣症候群』といいます。または、母親の燃え尽き症候群ともいわれています。
 若いころからの準備とは、自分のやりたいことを見つけておくこと。仕事でも趣味でもなんでもいいそうです。自分が本当にやりたかったことを生きがいにしたらいいのですね。子育てが終わったら夫婦、または、自分だけになる時間が必ずやってきます。その時に迷わないためにも必要なことです。
今、子育て中でやりたいことができないと思っている人は、子育てが終わってからでも遅くないですよ。自分の将来の目標は、自分で決めたらいいと思います。今からできることをやっておきましょう。

中嶋 悦子(なかしま えつこ)
1965年生まれ。宮崎県出身。二男二女の母。大網白里市在住。エンカレッジ・ステーション(株)代表取締役社長。NPO法人民間児童館おおきなかぶ理事長。ありんこ親子保育園園長。保育士。エッセイスト。
連絡先 TEL.0475-53-3509

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る