こでまりの夢 ~子育てが終わってからでも遅くない~

実は私、五十四歳の大学一年生なんです。昨年四月に某大学こども心理学部通信教育課程に入学しました。幼稚園教諭一種免許取得を目指して、日々仕事の合間に大学の勉強をしています。
四人の我が子の子育て中は、自分の時間も取れず、ずっとこの状態が続くような気がしていました。そんな時、お世話になっていた先生に、「子どもはいずれ巣立っていくもの。親は子どもだけを生きがいにしないこと。そのための準備は、若いころからしておくことが必要だよ」と教わりました。子どもを生きがいにしていた人は、母親の肩の荷が下りると同時に、言葉にできないような寂しさを感じることがあります。ひな鳥の巣立ち後の『空の巣』状態に例えられた状態を『空の巣症候群』といいます。または、母親の燃え尽き症候群ともいわれています。
 若いころからの準備とは、自分のやりたいことを見つけておくこと。仕事でも趣味でもなんでもいいそうです。自分が本当にやりたかったことを生きがいにしたらいいのですね。子育てが終わったら夫婦、または、自分だけになる時間が必ずやってきます。その時に迷わないためにも必要なことです。
今、子育て中でやりたいことができないと思っている人は、子育てが終わってからでも遅くないですよ。自分の将来の目標は、自分で決めたらいいと思います。今からできることをやっておきましょう。

中嶋 悦子(なかしま えつこ)
1965年生まれ。宮崎県出身。二男二女の母。大網白里市在住。エンカレッジ・ステーション(株)代表取締役社長。NPO法人民間児童館おおきなかぶ理事長。ありんこ親子保育園園長。保育士。エッセイスト。
連絡先 TEL.0475-53-3509

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  2.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  3.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  4.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  5.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  6.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  7.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  8.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る