頭スッキリ 体は軽やか レインボー健康体操 ~豊岡レインボーサークル~【茂原市】

 毎月第1・3火曜日、茂原市粟生野の豊岡福祉センターにて、『豊岡レインボーサークル』の『レインボー健康体操』教室が開かれている。『レインボー健康体操』は日本のエアロビクス第1人者である高橋賢一氏により、高齢者の認知症・寝たきり予防のために22年程前に開発された。脳を鍛える『脳刺激体操』と筋力をつける『筋刺激体操』を2本の柱としている。講師は公認インストラクターの仲谷喜美子さん。同サークルは活動を始めて16年目で、現在60代~80代の12名の会員が参加している。

講師の仲谷さん

 教室はまずストレッチから始まり、次に足踏みをしながら、体温を上げる有酸素運動を行う。仲谷さんが「体は使わないとさびてしまいます。痛いところがあっても、動かせるところを動かしていきましょう」と、元気に声をかける。『脳刺激体操』は、イスに座って適度な距離を保って行われる。例えば『ひとりでじゃんけん』では、右手はグー・チョキ・パー、左手はそれに勝つようにパー・グー・チョキと同時にリズムよく出し、左右を入れ替えて続けていく。ほかにも、右手が2拍子、左手が3拍子の動きを同時に行うなど、左右異なった動きを数種類。それだけでも難しいが、さらに足の動きが加わるものもある。
『筋肉刺激体操』もイスを利用。タオルを使い自分の力で負荷をかけながら、イスに座ったまま手や足を押したり引いたりして筋肉に刺激を与える。イスの背もたれにつかまって立ち、背中を伸ばしたり、かかとの上げ下げや股関節回しなど、様々な動きが取り入れられている。最後はまたストレッチで、使った筋肉をしっかりと伸ばして終了する。
「イスから立ち上がる、服を着替える、トイレに行くといった日常生活に使う筋肉を意識したトレーニングです」と、仲谷さん。「老化は止められませんが、老化が進むのを遅らせることはできます。人と比べずに自分の体と対話すること、そして何よりも継続することが大事です」と説明する。メンバーたちは、「とてもいい汗をかいています。先生がいろいろと工夫してくださって、毎回楽しいです」「ずっと通っていても動きは難しいですが、間違ってもアハハという感じで苦になりません」とハツラツとして明るい。
『豊岡レインボーサークル』では新会員を募集中。時間は9時半~11時半。問合せは豊岡福祉センターまで。『レインボー健康体操』教室はほかにも茂原市総合市民センターと、長柄町で2ヶ所、千葉市緑区で2ヶ所。詳しくは仲谷さんまで問合せを。

問合せ
豊岡福祉センター Tel.0475・34・8321
仲谷さん Tel.0475・35・4602

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  1月8日(土)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて公益財団法人千葉県文化振興財団主催で「見る、知る、伝える千葉 創作狂言 里…
  2.  いちはら地域ネコの会は、不幸なノラネコがいない地域社会を目指すことを目的に、平成24年に設立されたボランティア団体。地域ネコとは地域の理解…
  3.  いつも通る雑木林の奥に、輝いているかのように際立つ赤褐色の木を見つけた。マツ科マツ属の常緑高木、アカマツ(赤松)であった。  大きなもの…
  4.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…
  5.  社交ダンスに限らず、特に魅せるスポーツにおいては選手の「表情」が大きな意味をもっていますが、このコロナ禍において、すでに2年近くの間、表情…
  6.  昨年10月19日、山武市の松尾IT保健福祉センターにて、山武市保健推進員協議会主催の『知ってる?パッククッキング~災害時常備食クッキング~…
  7.  明けましてておめでとうございます。草花や野菜と共に生活をしていると、四季の移り変わりもよりあっという間のような感じがします。昨年は園芸だけ…
  8.  市原市は東京湾に面していても、残念ながら海で楽しめる場所がほとんど無い。唯一楽しめる場所は養老川河口で、海釣り公園があり、数多くの子供から…
  9. 「晴れたら市原、行こう。」をコンセプトに、2014 年からトリエンナーレ形式で開催されてきた「いちはらアート×ミックス…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  1月8日(土)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて公益財団法人千葉県文化振興財団主催で「見る、知る、伝える千葉 創作狂言 里…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る