こでまりの夢 ~自分だけの色~

 私は小学校の頃、図工が大好きで、今でも小学校の時、自分がどんな絵を描いたかを覚えています。それが、私の自己表現方法だったのだと今になって思います。
 絵が好きな子どもは、色彩感覚が豊かですね。目の前にある対象物が、たくさんの色で構成されていることを感じて、感覚で色を混ぜていき複雑な色にしていきます。それは本物の色とは異なるのですが、その子独自の味わいがあります。
 私も原色をそのまま使うのではなく、混ぜて自分の色をつくり出すのが好きでした。いろんな色を試しながら混ぜていくと、新しい色を発見し、イメージに合った色で描けた時はとても感動しました。
 人も同じだと思うのです。いろんな色を持つ人たちがいて混ざり合うから発見があり、自分のイメージにあった姿・形になった時に感動するのだと思います。
 子どもは一人では個性を発揮できません。いろんな色を持つ友達と混ざり合った時に、自分の個性が発揮され、輝けるのではないかと思います。ワチャワチャと混ざって遊ぶのがいいんですよね。
 このような感覚は、大人になってからではなかなか体験できないものです。集団で友達と遊べる子どもの時期だからこそ、培われる『個性の芽』なのではないかと思います。
 子ども時代に異年齢の子ども達の中でたくさんの色に出逢い、混ざり合って、『自分だけの色』をつくっていってほしいですね。それが、成長と共に自分らしさ(アイデンティティ)になっていくのだと思います。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る