ふるさとビジター館 いちはら自然探訪 ~非常に危険なキノコ カエンタケ~

 今回ご紹介するキノコは非常に危険なものですので、冗談は抜きにしたいと思います。
 まずこのような赤く変な形のキノコが地面から出ていたら…絶対にさわらないことです。以前にはほとんど千葉県では見られませんでしたが、近年は普通の公園にも出たりしますので、お子さんにも注意してください。
 ブナ科の木(ドングリの生る木)にいわゆる『ナラ枯れ』という病気で立ち枯れするものが急増しています。そうした木の根元に出る焔のような形の固い赤いキノコ、これがカエンタケです。
 表面はさらっとしていますが、折ったりつぶしたりすると汁が出て、皮膚がただれるそうです。でも本当に怖いのは食べてしまったとき。致死量はたった3g、小指の先ほど。症状も非常に重く、数日で腎不全により死亡、もし助かっても全身の皮膚が剥がれ落ち、口腔粘膜のびらん、脱毛、脳の縮小といった恐ろしい後遺症に長く悩まされるとのこと。
 これほど凶暴なキノコを私はほかに知りません。自然の中には私たちの想像以上に危険なものがあるんですね。フグやトリカブトのような、強い毒を持つキノコが身近にあることを、忘れずにいたいものです。
(ナチュラリストネット/加藤恵美子)

ナチュラリストネット/自然を愛する仲間の集まりです。豊かな自然環境をいつまでも永く残したいと活動しています。 Tel.080・5183・9684(野坂)
加藤恵美子ブログ 千葉県の自然見~つけた♪
https://emikocho.blog.fc2.com/

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る