スポ協通信 ~コロナ禍でもバレーボール好きの人達の為に… 市原市バレーボール協会~

 去年、突然の新型コロナウイルスが全世界に蔓延し、市原市バレーボール協会も断腸の思いで全大会中止を決断しました。一般だけでなく、家庭婦人連盟も全て中止となり、大会で優勝等を目標に励まれていた皆さんも、楽しんでストレス発散していた皆さんも、殆ど練習出来なくなったと思います。開催の可否は、協会の役員全員で悩みに悩み抜いた上での決断でした。バレーボール大好きな皆さん、試合をさせてあげられなくて本当に申し訳有りませんでした。
 今年度は開催出来るかと思ったら、第2波、第3波、そして変位ウイルスです。もう勘弁して下さい!そんな思いです。皆さんは、バレーボール再開出来ていますか?もうそろそろバレーボール仲間と会いたくなっていませんか? 協会は先月、役員会を開催し、今年度はなんとか開催出来る方向へ持って行こうと話合い、感染対策として何が出来るか、どうすれば大会に来て頂いた皆さんに安心して楽しんで貰えるか、色々と検討しました。そして、とにかく準備をしよう!2チームでも3チームでも登録してくれるなら、感染対策を出来るだけ実施して大会を開催しよう!との結論になりました。今、役員で必死になって準備を行っている最中です。
 現時点で一般の登録チーム数は以前の半分程度です。家庭婦人連盟も減少しています。でも逆に今のコロナ禍でも登録してくれるチームがいます。本当に有難く、本協会は一丸となって皆様のご期待に副うべく努力して参ります。4/24(土)には、中学生の市民大会が開催されました。バレーボールは年齢関係なく、小学生から年配の方まで本当に幅広い世代で楽しむことが出来るスポーツです。我々も頑張ってコロナと向き合いますので、ご協力を頂ければ幸いです。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る