スポ協通信 ~コロナ禍でもバレーボール好きの人達の為に… 市原市バレーボール協会~

 去年、突然の新型コロナウイルスが全世界に蔓延し、市原市バレーボール協会も断腸の思いで全大会中止を決断しました。一般だけでなく、家庭婦人連盟も全て中止となり、大会で優勝等を目標に励まれていた皆さんも、楽しんでストレス発散していた皆さんも、殆ど練習出来なくなったと思います。開催の可否は、協会の役員全員で悩みに悩み抜いた上での決断でした。バレーボール大好きな皆さん、試合をさせてあげられなくて本当に申し訳有りませんでした。
 今年度は開催出来るかと思ったら、第2波、第3波、そして変位ウイルスです。もう勘弁して下さい!そんな思いです。皆さんは、バレーボール再開出来ていますか?もうそろそろバレーボール仲間と会いたくなっていませんか? 協会は先月、役員会を開催し、今年度はなんとか開催出来る方向へ持って行こうと話合い、感染対策として何が出来るか、どうすれば大会に来て頂いた皆さんに安心して楽しんで貰えるか、色々と検討しました。そして、とにかく準備をしよう!2チームでも3チームでも登録してくれるなら、感染対策を出来るだけ実施して大会を開催しよう!との結論になりました。今、役員で必死になって準備を行っている最中です。
 現時点で一般の登録チーム数は以前の半分程度です。家庭婦人連盟も減少しています。でも逆に今のコロナ禍でも登録してくれるチームがいます。本当に有難く、本協会は一丸となって皆様のご期待に副うべく努力して参ります。4/24(土)には、中学生の市民大会が開催されました。バレーボールは年齢関係なく、小学生から年配の方まで本当に幅広い世代で楽しむことが出来るスポーツです。我々も頑張ってコロナと向き合いますので、ご協力を頂ければ幸いです。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る