スポ協通信 ~コロナ禍でもバレーボール好きの人達の為に… 市原市バレーボール協会~

 去年、突然の新型コロナウイルスが全世界に蔓延し、市原市バレーボール協会も断腸の思いで全大会中止を決断しました。一般だけでなく、家庭婦人連盟も全て中止となり、大会で優勝等を目標に励まれていた皆さんも、楽しんでストレス発散していた皆さんも、殆ど練習出来なくなったと思います。開催の可否は、協会の役員全員で悩みに悩み抜いた上での決断でした。バレーボール大好きな皆さん、試合をさせてあげられなくて本当に申し訳有りませんでした。
 今年度は開催出来るかと思ったら、第2波、第3波、そして変位ウイルスです。もう勘弁して下さい!そんな思いです。皆さんは、バレーボール再開出来ていますか?もうそろそろバレーボール仲間と会いたくなっていませんか? 協会は先月、役員会を開催し、今年度はなんとか開催出来る方向へ持って行こうと話合い、感染対策として何が出来るか、どうすれば大会に来て頂いた皆さんに安心して楽しんで貰えるか、色々と検討しました。そして、とにかく準備をしよう!2チームでも3チームでも登録してくれるなら、感染対策を出来るだけ実施して大会を開催しよう!との結論になりました。今、役員で必死になって準備を行っている最中です。
 現時点で一般の登録チーム数は以前の半分程度です。家庭婦人連盟も減少しています。でも逆に今のコロナ禍でも登録してくれるチームがいます。本当に有難く、本協会は一丸となって皆様のご期待に副うべく努力して参ります。4/24(土)には、中学生の市民大会が開催されました。バレーボールは年齢関係なく、小学生から年配の方まで本当に幅広い世代で楽しむことが出来るスポーツです。我々も頑張ってコロナと向き合いますので、ご協力を頂ければ幸いです。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  私が生まれ育ったのは、東北地方のある小さな港町。浜辺でよく綺麗な形をした貝殻や、青や緑色をした石のようなガラス玉を見つけて遊んでいた記憶が…
  2.  雑木林を散策すると、頭上の枝先に筆先のようなものが観られることがある。長さ2~3センチ、白っぽい軟毛に覆われている。3月に花開くコブシの花…
  3.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  4. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  5. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  6.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  7.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  8.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る