天然石アクセサリーなどの作家が3日間出展【大多喜町】

 大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回の今回は6月10日~12日。主宰するメンバーは6名。「何度も来てくださる方に楽しんでもらえるよう、新しい企画も毎回実施しています」と話すのは、そのうちのひとり・マクラメ作家の関田さん。マクラメとは、何本かの細紐や糸などを手で結び,幾何学的な模様をつくる技法で、関田さんはこれに天然石を合わせアクセサリーを作る。 「ストーンサファリは、天然石をキーワードとしたイベント。加工できる素材の天然石や天然石を使ったアクセサリー作家のほか、様々なお店も出展します。全国各地で開催されている天然石を扱うミネラルショーは、独特の雰囲気で敷居が高め。気軽に立ち寄れる感じではないので、地元の千葉でもっと身近に天然石を楽しんでもらえて、作家が出店できる場所を作ろうと思い、開催してきました。今後は毎年6月第2週で、年1回予定しています」と関田さん。  来場者は入場無料。天然石以外にも、各地域の人気店やこだわりの食材を使ったお店のキッチンカー、雑貨や小物作家、花やブックカフェなど、各日30店以上が出展する。また、天然石の研磨など、子どもから楽しめる珍しい制作体験も。さらに3つの応募方法のプレゼントキャンペーンで、天然石アクセサリーや原石ほかが合計300名以上に当たる企画も実施。会場に行かなくても応募できるプレゼントもあるので、ぜひHPをチェックしてみては。

 

宝石せっけん

●ストーンサファリ 6/10(金)~12(日)  10~16時  大多喜ハーブガーデン (夷隅郡大多喜町小土呂2423)  駐車場無料

 

・出展:天然石ジュエリー・アクセサリー、陶器、金属、木工、布小物、キャンドル、書籍、ボディアート、占い、オーガニックや自然食材の軽食、パン、スイーツ、ハンドトリップコーヒーなど ・制作体験:天然石研磨、宝石せっけん、木工制作

 

・プレゼントキャンペーン ①インスタフォロワー限定『follow me!』6/12〆切 ②スタンプラリー・園内5カ所+飲食店500円の1スタンプでガラポンチャレンジ・1人1日1回 ③鉱物クジ・天然石販売店か天然石アクセサリー作家から3000円以上購入・先着で原石プレゼント・各日10時~12時半限定

 

問合せ:関田さん Tel.090・2666・3229

https://stonesafari.info

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る