天然石アクセサリーなどの作家が3日間出展【大多喜町】

 大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回の今回は6月10日~12日。主宰するメンバーは6名。「何度も来てくださる方に楽しんでもらえるよう、新しい企画も毎回実施しています」と話すのは、そのうちのひとり・マクラメ作家の関田さん。マクラメとは、何本かの細紐や糸などを手で結び,幾何学的な模様をつくる技法で、関田さんはこれに天然石を合わせアクセサリーを作る。 「ストーンサファリは、天然石をキーワードとしたイベント。加工できる素材の天然石や天然石を使ったアクセサリー作家のほか、様々なお店も出展します。全国各地で開催されている天然石を扱うミネラルショーは、独特の雰囲気で敷居が高め。気軽に立ち寄れる感じではないので、地元の千葉でもっと身近に天然石を楽しんでもらえて、作家が出店できる場所を作ろうと思い、開催してきました。今後は毎年6月第2週で、年1回予定しています」と関田さん。  来場者は入場無料。天然石以外にも、各地域の人気店やこだわりの食材を使ったお店のキッチンカー、雑貨や小物作家、花やブックカフェなど、各日30店以上が出展する。また、天然石の研磨など、子どもから楽しめる珍しい制作体験も。さらに3つの応募方法のプレゼントキャンペーンで、天然石アクセサリーや原石ほかが合計300名以上に当たる企画も実施。会場に行かなくても応募できるプレゼントもあるので、ぜひHPをチェックしてみては。

 

宝石せっけん

●ストーンサファリ 6/10(金)~12(日)  10~16時  大多喜ハーブガーデン (夷隅郡大多喜町小土呂2423)  駐車場無料

 

・出展:天然石ジュエリー・アクセサリー、陶器、金属、木工、布小物、キャンドル、書籍、ボディアート、占い、オーガニックや自然食材の軽食、パン、スイーツ、ハンドトリップコーヒーなど ・制作体験:天然石研磨、宝石せっけん、木工制作

 

・プレゼントキャンペーン ①インスタフォロワー限定『follow me!』6/12〆切 ②スタンプラリー・園内5カ所+飲食店500円の1スタンプでガラポンチャレンジ・1人1日1回 ③鉱物クジ・天然石販売店か天然石アクセサリー作家から3000円以上購入・先着で原石プレゼント・各日10時~12時半限定

 

問合せ:関田さん Tel.090・2666・3229

https://stonesafari.info

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  プラスチックのゴミ問題が深刻になって来ています。生産が簡単、ある程度の耐久性がある事などから、年間約800万トンも生産され、どこを見ても使…
  2.  春はサクラ、夏は水あそび、秋は紅葉と草花、冬はウメや野鳥観察。起伏に富んだ約53ヘクタールの広い青葉の森公園は、四季折々、様々な木々と花が…
  3.  毎月第1土曜日、茂原市中央公民館にて男性だけの料理教室『ダンディークッキング』が開かれている。1990年に開催された茂原市主催のシルバー料…
  4.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。45年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  5.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  6. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  7.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  8.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  春はサクラ、夏は水あそび、秋は紅葉と草花、冬はウメや野鳥観察。起伏に富んだ約53ヘクタールの広い青葉の森公園は、四季折々、様々な木々と花が…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る