広い園内に豊かな自然と様々な施設が融合した総合都市公園~千葉県立青葉の森公園~【千葉市】

 春はサクラ、夏は水あそび、秋は紅葉と草花、冬はウメや野鳥観察。起伏に富んだ約53ヘクタールの広い青葉の森公園は、四季折々、様々な木々と花が各所で楽しめる自然豊かな都市公園だ。カルチャー、レクリエーション、ネイチャー、スポーツの4エリアに分かれ、多くの施設も点在している。

樹木、花、鳥と自然の見どころいっぱい

春はサクラ、冬はウメの花が多品種咲く

 青葉の森公園は、広大な農林水産省畜産試験場跡地に整備された。試験場は昭和55年に筑波研究学園都市に移転し、その後、昭和62年から平成8年にかけ、スポーツ施設、中央博物館、芸術文化ホール、おはなみ広場、公園センター、つくしんぼの家などを順に供用。現在は『新千葉県立図書館等複合施設』の整備で、ネイチャーゾーンのはらっぱが令和2年10月下旬から工事中となっている。

 園内をめぐる遊歩道は数多く枝分かれし、アップダウンもかなりある。大木も多く、様々な木が植えられ、場所や季節で色々と変わる景色が楽しめる。その広さと入り組んだ地形から迷う人もいて、管理事務所に「目的地に着けない」と問合せの電話もかかってくるそうだ。4つのゾーンをつなぎ、ぐるりとまわる外周の園路は、特にランナーやウォーキングする人たちに人気で、雨でも雪でも構わず、熱心に通ってくる人たちもいる。芝生の広場や土の道、地形を活かし自然に近い状態で植えられた草花と、あまり造りこまれていない緑豊かなエリアもあり、ドッグランも整備されていることから、愛犬の散歩で訪れる人も多い。

 公園センターでは園内の地図や花みどころマップ・樹木マップなどをもらえるので、それらを片手に散策することがオススメだ。7月からは、園内各所でハギ、サルスベリ、ムクゲ、ハマゴウ、ザクロなどが咲き、センター近くの森のガーデンでは宿根草や一年草、ハーブなどが年間を通し楽しめる。樹木18選として、中央広場のケヤキ、イヌシデをはじめ、スダジイ、ヤマボウシ、ハンノキ、トチノキなど観察するコースもある(約2キロ・ゆっくり歩いて80分)。野鳥も多く、あちこちで様々な鳴き声が聞こえる。四季を通じて写真撮影する人も多い。

水の広場

 夏の一番人気は、8月末まで開場する『水の広場』。泉、雲、波をイメージした噴水があり、浅い流れに入って遊べるため、毎年家族連れで賑わっている。今年は新しい遊具も登場し、7月16日にオープン。ただしコロナ禍のため、状況により人数制限など入場方法を変更する場合もあるので、HPで要確認。また、同じく子どもたちに人気なのが『つくしんぼの家』のミニ工作体験。ほぼ毎日開催しており、7月は『お星さまかざり』、8月は『なつやすみのおもいで』、9月は『やじろべえで遊ぼう』。予約不要で無料、材料がなくなり次第終了。不定期で休みになるので、こちらも事前に確認を。

各プログラムを楽しむ

園内には昔の東金街道も残されている

 園内の施設では、様々な講習会も行われている。『つくしんぼの家』では『こども工作教室』、管理事務所では『フィールド教室』、『緑の相談所』では『緑の教室』を実施。こども工作教室はプログラムにより年少~小学生対象で、各回定員12名、要予約。7月下旬から8月下旬の間に、両面星座早見盤、スイーツデコ、ソーラー工作、陶芸、木工、紙すきうちわ、パステルアートなど10教室が予定。センター1階の『緑の相談所』は、(水)(木)(土)の10~12時・13~16時で花や緑に関する相談ができる。緑の教室は、子どものための生きもの探検、家庭菜園の基礎、秋バラの剪定などをこの3カ月間に予定。他にクラフト作品を中心とした『緑の創作教室』もある。フィールド教室では、予約不要のウォーキング教室が最も人気。基礎を学ぶコースは月1回、『みんなでウォーキング』は、月2~3回実施の10キロ以下コースと3カ月に1回の10キロ以上コース(お昼持参)がある。7月には星空観測会、9月には懲り・痛み・疲れの改善教室を実施。体幹教室は予約不要で毎週金曜日、ヨガ教室も毎週火曜日に開催中。

 その他、季節により愛犬教室、樹木医と歩く、園内ガイドツアー、洋ラン栽培、バードウォッチング、ハーブティー作り、寄せ植え、ちりめん細工、ゲームなど、室内から園内を歩くものまで、プログラムはとにかく多種多様。特に専任の講師によるガイドで園内を歩く講座は好評だ。公園センター1階の『森のギャラリー』では作家やグループ主宰の作品展も随時行われている。歩いてよし、体験してよしの緑豊かな公園で、あなたも季節ごとの楽しみ方を見つけてみては。各プログラムの詳細はHPで確認を。

 

問合せ
・管理事務所
 Tel.043・208・1500
・つくしんぼの家
 Tel.043・208・1506
・緑の相談所
 Tel.043・208・1510

 

※開催イベント等により駐車場が満車となる場合があります。混雑状況などはHPにて。また、公共交通機関もご利用ください。
https://www.cue-net.or.jp/kouen/aoba

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る