プラスチックのゴミ問題が深刻になって来ています。生産が簡単、ある程度の耐久性がある事などから、年間約800万トンも生産され、どこを見ても使われていない商品はありません。河川などに流れ出たゴミは海に到達し、数百年もの間、分解されずに残ると言われています。
 5ミリ以下に小さくなった物はマイクロプラスチックと呼ばれ、誤飲によって魚の体内に蓄積し、植物連鎖によって私達の体の中に入ってきます。最近の研究では、PETボトルからもプラスチックの粒子が溶け出し、人体に影響を与えていることが分かってきました。世界的にはプラスチックを使わないようにする動きが活発に、もしくは自然分解できる物に代わりつつありますが、残念ながら日本では未だその動きはほとんどないどころか、益々プラスチック製品や包装に拍車がかかっています。このまま行くと2050年ごろには、海洋に沈んだプラスチックの総量が魚の総量を超えるという予測を立てている研究もあるようです。
 そこで今回は自分の職業でもある歯科の分野で何か出来ることはないか?を考えてみました。歯磨き粉、歯ブラシその他、店頭に並んでいる商品は100%がプラスチック製品です。しかも歯磨き粉には沢山の種類の添加物が含まれ、口の粘膜は皮膚よりもそれらを簡単に吸収してしまいます。プラスチックの消費を最小限に抑え、自然の材料で安心安全な歯磨き粉を作ってみましょう!
歯ブラシも竹製品がネットショッピングで簡単に手に入ります。

 

・材料:①ホワイトカオリン(天然に産出する含水ケイ酸アルミニウム) 大さじ2 ②植物グリセリン小さじ1 ③ミントのアロマオイル3滴ほどからお好みで ④ガラス容器(金属製は錆びる恐れがあります)
・作り方:小さな容器で①~③を混ぜてペースト状にし、④の容器に保存しておきます。

 

長谷川良二。長柄町在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。市原を中心に公民館でのハーブの指導などをしながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る