なつかしい日本の歌 歌えばこころも軽やかに!~かなりや会~【茂原市】

『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや会』の歌声が聞こえる。『かなりや会』は令和元年11月の設立。代表の抜井邦春さんの声掛けに集まった当初のメンバーが8名、現在では今年度加入したメンバーも含めて60~80代の13名が活動している。会の目的のひとつは「心を豊かにしてくれる童謡・唱歌・わらべ歌を歌い継ぐ」こと。毎回15曲ほどを、歌詞カードを見ながら無伴奏で歌う。「季節に合わせて選曲して、年間で330曲ほどを歌います。最近では昭和歌謡も取り入れています」と、選曲も歌詞カードの用意もすべて抜井さん手作りの会だ。

 メンバーの近況報告や世間話をしながら会は始まる。曲目も全員が知っているものばかりではないが、そんな時も歌えるところだけ歌ったり、拍子だけ一緒にとったりと、ゆっくりのんびりというペースだ。時には歌のイメージに合わせて、メンバーの撮った富士山や夕焼けの写真を飾ることもある。「目や耳を刺激して、幼い頃を思い出したり、昔をなつかしんだりしたい」と、抜井さんは話す。『あんたがたどこさ ひごさ ひごどこさ♪』と歌えば、楽しくボールをついて遊んだ光景がよみがえり、『もういいかい まあだだよ♪』と歌えば、かくれんぼしていた夕暮れに友が1人2人と帰ってしまうせつなさも思い出される。『おれは河原の枯れすすき♪』と『船頭小唄』では、「関東大震災の数カ月前の歌なので、予言していたようだ、縁起でもないと言われたようです。戦後には森繁久彌が歌いましたね」といった時代背景も紹介される。

「コーラスでは敷居が高い、でも声を出して歌ってみたいという人はどうぞ。音痴でもいいんです。間違ってもいいから一緒に大きい声で歌いましょう」と抜井さんが言うように、会のもうひとつの目的は「みんなを元気にする」こと。「月に2回出てきて、少し歌って、少し冗談を言って。そういう交流の場にしたい」と続ける。新型コロナウィルス禍で6カ月ほど休会したが、現在はマスクをし、互いの距離を保って座ったまま歌う。6月には海辺のホテルで親睦会を行った。メンバーは「親睦会、とても楽しかったですよ」「仲間と会えるのがうれしくて来ています」「うまく歌えないけど、下手の横好きで」と、朗らかに語る。会では会員を随時募集中。時間は13時半~15時半。メンバーからも「コロナ禍で引きこもりがちになってしまった方は是非来てください」と、新会員大歓迎とのこと。詳しくは問合せを。

 

問合せ:かなりや会 抜井さん
Tel.080・9537・9370

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  森や川に生息する動植物などを観察し、親子で自然を楽しみましょう!4月27日(土)、9月7日(土)、11月9日(土)の全3回に渡って行い、講…
  2.  いつの間にか春も盛り。寒いうちに庭木に寒肥(肥料)を与えておこうと思ったのに遅くなってしまいました。寒い時は庭仕事がどうしても億劫になって…
  3. 【写真】ケヤキ一枚板のカウンターと。左から鈴木さん、悦子さん、智明さん  大谷家具製作所は2011年11月に長南町長南に工…
  4. 『リーダーハーフェン』は1982年結成の男声合唱団で、42年間その歌声を響かせてきた。構成は、トップテノール・セカンドテノール・バリトン・…
  5.  多くの映画ファンを虜(とりこ)にした女優オードリー・ヘプバーンを、前半・後半と2回に分けて掲載します。ヘプバーンは今でも日本や欧米諸国で人…
  6.  昔から『言葉3割、行動7割』という言葉があります。「子どもは親の言うことの3割までしか身に付けないが、親の行うことはその7割以上を身に付け…
  7.  市原市姉崎小学校を拠点に活動している剣道『錬心舘市原道場』。設立は1987年と長い歴史を持ち、小中学生を中心にこれまで数多くの卒業生を育て…
  8. 【写真】本須賀海岸(当写真は特別な許可を得て撮影しています)  マリンアクティビティのイメージが強い九十九里エリア。成田国…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】ケヤキ一枚板のカウンターと。左から鈴木さん、悦子さん、智明さん  大谷家具製作所は2011年11月に長南町長南に工…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る