色とりどりの押し花で春を味わう

色とりどりの押し花で春を味わう

 4月15日(月)、南総公民館で開催された『押し花絵』講座には10名の受講者が参加した。講師は加藤清子さん、そして押し花サークル『花物語』のメンバーもお手伝いに駆けつけた。
 加藤さんが、「簡単で可愛い!をモットーにやりたかった。エビネやあじさい、クローバーやノースボールなど約15種類の花々は色も形もそれぞれ。今朝摘んだ花もあるので同じ種類でも大きさが違う。花は咲きながら育つ物」と明るく話ながらスタート。
 2時間の工程で制作する押し花絵は2種類。まずはマグネットケース用。掌サイズのケース2つに花を自由に置く。色紙を敷くことや花にラメを振るなどの工夫もして、最後はケース蓋をはめるだけ。もう1つはウェルカムボード。中心に専用の『welcome』、『flower』など好きなシールを貼り、周りを囲むようにして同じく自由に花を添える。最後は上から保存シールを貼って完成。鮮やかな色合いを出した作品が並んだ。
 参加者からは「普段花に触れ合う機会がないので興奮する」、「片方は自然に、片方は派手に作った!」など思い思いの感想が。また、「小花を散らせばよかったけど、いくら考えてもキリがない」と笑い合いながら、最後は「私達の作品似ているかも。なかなかいいじゃない!」などと話し、お互いの作品のポイントを見つけて楽しんだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る