色とりどりの押し花で春を味わう

色とりどりの押し花で春を味わう

 4月15日(月)、南総公民館で開催された『押し花絵』講座には10名の受講者が参加した。講師は加藤清子さん、そして押し花サークル『花物語』のメンバーもお手伝いに駆けつけた。
 加藤さんが、「簡単で可愛い!をモットーにやりたかった。エビネやあじさい、クローバーやノースボールなど約15種類の花々は色も形もそれぞれ。今朝摘んだ花もあるので同じ種類でも大きさが違う。花は咲きながら育つ物」と明るく話ながらスタート。
 2時間の工程で制作する押し花絵は2種類。まずはマグネットケース用。掌サイズのケース2つに花を自由に置く。色紙を敷くことや花にラメを振るなどの工夫もして、最後はケース蓋をはめるだけ。もう1つはウェルカムボード。中心に専用の『welcome』、『flower』など好きなシールを貼り、周りを囲むようにして同じく自由に花を添える。最後は上から保存シールを貼って完成。鮮やかな色合いを出した作品が並んだ。
 参加者からは「普段花に触れ合う機会がないので興奮する」、「片方は自然に、片方は派手に作った!」など思い思いの感想が。また、「小花を散らせばよかったけど、いくら考えてもキリがない」と笑い合いながら、最後は「私達の作品似ているかも。なかなかいいじゃない!」などと話し、お互いの作品のポイントを見つけて楽しんだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年6月、市原市糸久に自身の作品を常設した『ikuiro gyallery』をオープンしたのは、画家の中山育美さん。「1年半ほど杉並区の…
  2.  手口も多岐にわたり、被害が増え続けている「電話de詐欺」。昨年、全国で親族をかたるオレオレ詐欺被害に関する調査が行われた。対象は、被害者…
  3.  毎月第1日曜のみ。大多喜町の小さなチーズ工房【千】sen の営業日だ。「ひとりで作る数には限界がある。量を増やして質が落ちたりしたら本末…
  4. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  5.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…
  6. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  7.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  8.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  9. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  今年6月、市原市糸久に自身の作品を常設した『ikuiro gyallery』をオープンしたのは、画家の中山育美さん。「1年半ほど杉並区の…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る