養毛剤もできるローズマリーの効用

 薬、香料、料理など古代エジプト時代から人の暮らしに役立ってきたハーブ。国分寺公民館の主催事業『ハーブ健康活用術』(全3回)が開催された。第1回の講師は講座全体を監修するハーブコーディネーターの長谷川良二さん。7月16日、参加者35人を前に「お茶、サシェ、石鹸、ポプリなどヨーロッパでは生活に溶け込んでいる」と話し、ローズヒップ、カレープラントなど有用植物の枝葉20種類以上や手作りクリームなどを紹介した。
 はじめに長谷川さんが取り上げたのは「まだ薄くなっていませんが、予防に使っています」という養毛剤。作り方は鍋にミネラルウォーターか精製水およそ1リットルを入れ、数本のローズマリーの枝とミネラル分のある昆布を20~30分煮出すだけ。さらに効果を期待する場合はホホバオイルを入れると浸透性が高まるそうだ。スキンケアのため愛用しているのは、ペクチンを含むユズの種をアルコール度数20度ほどの焼酎に1週間ほど浸けたもの。保湿や美白効果がある。「ツルツルになりますよ」と試すよう促すと参加者は手の甲につけこすったり、香りを嗅いだりした。
 自然農法で野菜を作り、養鶏や養蜂に取り組む一方で、歯科医でもある長谷川さんが特に力を込めて説明したのは歯磨き粉。「粘膜である口の中は一番敏感なところ。ウイルスをはじめさまざまなものを吸収するので、歯を磨くときはなるべく自然由来のものを使用してください」とのこと。抗菌や収れん効果のあるセージ、血行促進作用のあるローズマリーをミルでパウダー状に砕き、塩を加えて乳鉢やすり鉢ですると完成する。長期間保存可。「セージやローズマリーは脳神経を活性化させ、神経を保護する働きがあるカルノシン酸を含み、認知症予防効果があります」と乾燥させてお茶で飲むこともすすめる。さらに講座途中でローズマリーの枝と土を配り、挿し木も指導した。
 後半は調理室に移動し、お茶3種を試飲。胃の調子を整えるレモングラスは「ほのかな香り」、気持ちを落ち着かせるカモミールは「フルーティ」、ローズマリーは「思ったよりさわやか」など参加者同士で感想を言いあった。温かいお茶は成分が蒸気となって器官にも取り込まれる。生葉は朝摘みが良いが、乾燥すると香りや効用がより高くなる種類もあるという。長谷川さんは「加工食品、化粧品やシャンプーなどの日用品、薬はさまざまな添加物を含むものもある。市販品に頼りすぎず、自然のパワーで免疫力をつけ健康になって」と結んだ。
 次回以降は長谷川さんとともに挿し木の成長を確認し、ブレンドティや小物づくりを楽しみ、9月は小さな手捏ねパン教室主宰の川野晶子さん、12月はアロマオイルでハンドマッサージなどを行うサロンドソランジュ主宰の大和田尚美さんを講師に迎える。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…
  2.  出光興産株式会社は、2019年12月14日(土)に市原市市民会館において「みらいを奏でる音楽会~どこかで聞いたクラシック~」市原公演を開…
  3.  前回の防犯特集第2回で、『電話de詐欺』の手口の変遷を紹介した。今回は新しいだましの手口『カード受取型』の内容をさらに詳しくお伝えしたい…
  4.  市原市在住の中森敏夫さん(64)は、子どもの頃から好きだったプラモデル作りが高じて、大人になってからは鉄道のジオラマや建築の模型などを含め…
  5.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  6.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  7. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る