春の野草を食す

春の野草を食す

 4月28日(日)に東国吉遊育の森で、春の野草を観察、採取し、料理していただくというイベントが行われた。参加したのは『NPO法人市津・ちはら台自然楽校』の小学生から中学生までの会員とその保護者、一般参加の5家族と5名のボランティアスタッフを含む約40名。平成17年に小学生の子どもを持つ11家族で立ち上げた同校。高田のどんぐりハウスと昨年10月にオープンした東国吉遊育の森を拠点として自然体験を主とした活動を行っている。
 理事長の赤松鐵雄さん(67)は明るく言う。「目的は子どもたちを成長させること、それだけです」 天気にも恵まれた当日は6年生の班長が司会を務める同校のセレモニーでスタート、『こいのぼり』を合唱した。「気をつけ!」、「休め!」赤松さんが笑顔で勢いよく号令をかける。「触って、匂いをかいで。野草を感じてみて」との言葉の後、野草採りに出発。まずは白い根っこの部分をみそ和えやみそ汁の具にするノビル。カキの葉は小さめでうすい緑色のものがおすすめ。「天ぷらにするとポテトチップスよりおいしいよ」まさにその言葉通りだった。ミツバとワラビ、タラの芽も天ぷら用に採取。「野草を踏まないでね。ゆっくりと探すんだよ」と声をかける。
 最後に山道に入り、サンショウとヨモギを摘む。野草でいっぱいになったざるを手に戻ったら、班に分かれて調理開始。上記のメニューのほか、予め採取していたウドのきんぴらと酢みそ和え、セリの胡麻和え、筍ご飯などがテーブルに並んだ。デザートは高学年の会員がヨモギをすりつぶして粉と混ぜて作ったよもぎ団子。太陽の光の恵みをいっぱい受けて育った採りたての野草はとてもおいしい。一番人気はやはり天ぷら。「葉っぱが天ぷらになると思わなかった。他の葉も食べてみたい」と男の子。
 食事と片付けの後は沖縄から取り寄せたサトウキビの苗を植えた。茎を丸かじりにしたり、ジュースにして天然の砂糖を味わってみたいというチャレンジ企画だ。「まっすぐしっかり植えて」時には厳しい口調で指導する赤松さんを子どもたちは心から信頼しているようだ。
 最後のプログラムはちょっとした遊び。絵を描いた紙皿の真ん中にペットボトルのふたを貼る。「何作るの~?」、「UFOだよ」首をかしげながら作業を進める子どもたちだったが、竹ひごで紙皿の中心を支えるとクルクル回るUFOのできあがり。みんな夢中になって回していた。細かい指示は出さない。子どもたちは様々な体験を通して自ら考え、助け合うことを覚える。青空の下で気持ちよさそうに走り回る子どもたちはたくましく育ってゆくことだろう。

http://www5.ocn.ne.jp/~sc.needs/

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  2.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  3. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  4.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  5.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  6.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…
  7.  来月2月11日(祝)千葉県文化会館で、千葉県在住のふたりの俳優による朗読劇が行われる。出演はプロダクション・タンク所属、見上裕昭さんと、文…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る