季節のスケッチ

季節のスケッチ
俳画と文 松下佳紀

皐月の盆栽展は華やかで楽しい。何より花が見所だが、様々な種類の皐月が勢揃いしているのは美事だ▼私は鑑賞するだけだが、聞けば作者が展示期間に形を整え、開花させるのは大変だという。が、作者としてはそれまでの創意工夫、努力こそ盆栽作りの楽しみともいう。出来映えの良いのには賞があるのも励みになるだろう▼皐月盆栽は花が命であるが、花の命は誠に短く儚い。展示期間が終わればすぐに花は取り除かれる。花に養分を取られないために、木の形を整えるために。そのように皐月は一年がかりで手入れされる▼さて、花の無い皐月は盆栽本来の姿に戻る。それは幾星霜を経た風格の木だ。小さな盆鉢に立つ樹木。それこそが季節を問わぬ皐月盆栽の魅力であろう。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 宝林寺住職 千葉公慈さん  2月3日(日)、市原市立南総公民館で行われた『生き活き大学公開講座』。講師の駒沢女子大学の教授で、市内宝林寺の…
  2.  異常気象や地震などで、全国各地に災害が発生している近年。特に2011年3月11日によってもたらされた東日本大震災は、未だに鮮明に記憶して…
  3. 市原市ラグビーフットボール協会  市原市ラグビーフットボール協会は、昭和41年に設立、今年で54年目を迎えます。当協会の歴史は、日本経済…
  4.  毎月第4月曜日に五井公民館でふれあい子育てサロン『子育て会1・2・3(ワンツースリー)』が開催されている。未就学前の乳幼児と親たちを対象…

ピックアップ記事

  1. 宝林寺住職 千葉公慈さん  2月3日(日)、市原市立南総公民館で行われた『生き活き大学公開講座』。講師の駒沢女子大学の教授で、市内宝林寺の…
  2.  異常気象や地震などで、全国各地に災害が発生している近年。特に2011年3月11日によってもたらされた東日本大震災は、未だに鮮明に記憶して…

イベント情報まとめ

スタッフブログ

ページ上部へ戻る