サーフタウン 山里吾郎

 8月は本当に天候不順だった。晴れマークはわずか4日、逆に20日近くが傘マーク。本来なら真夏の太陽が照りつけるはずの房総の海も、雨と寒さで閑古鳥が鳴いた▼「一宮の釣ケ崎海岸か。一度行ってみるか」|。東京五輪のサーフィン会場に決まってから気になっていた。一宮の海岸には何回か行っている。ただ「釣ケ崎」と、特定されると…。盆前の8月11日、「山の日」というのも皮肉だが、久しぶりに九十九里の海を目指した▼9時前、市原を出るころは曇り空。ただ黒く、厚い雲が空中を覆い長柄に差し掛かったころには早くも雨が落ちてきた。?不安的中“だったが、構わず一宮川を下り海岸通りへ。今度は?予想的中“か、雨まじりの海には大勢のサーファーの姿があった▼そのまま南下すると松林の一角に「サーフィン会場に決定」の横断幕。入り口近くまで並ぶ駐車の列をかき分けるように何とか車を滑り込ませ歩いて海岸へ。どうやらスポーツメーカー主催の大会らしく、子供たちも混じったウエットスーツや水着姿の男女で溢れていた▼悪天候のための待機か、海に入っているサーファーはまばらだったが、真っ黒に日焼けした顔はみんなエネルギッシュ。海水浴場とはまた違う独特の世界を醸し出していた▼通称・志田下と呼ばれる釣ケ崎海岸。サーファーの間では「聖地」と呼ばれ、ここが五輪会場になることは彼らにとっても特別な事だという▼町も本腰を入れている。好きな時に海に入りたいサーファーのために仕事を斡旋、年々増える移住者を呼び込んでいる。まさにサーフタウン。五輪成功と一過性ではない、レガシーが残せれば…と思った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る